映画と海外ドラマ等感想

エル・マリアッチ デスペラード
観たっ♪



 以下ネタバレ



 ロバート・ロドリゲス監督の2作目って事だな。

 
 一応一作目の「エル・マリアッチ」の続編という事になっているけど、俳優さんがアントニオ・バンデラスに変更になっている。

 バーのマスターがチーチ・マリンさん。エル・マナリアッチの親友役でブシェミさんっ♪
 彼がマスターに語る話は前作の「エル・マリアッチ」での話。そのバーが同じ場所だって言いたいよう。トイレの汚れとかは前作のそのまんまって感じ。ディテールが楽しい。

 マリアッチが探している名前はブチョ。白いスーツ姿のここらを仕切ってる男。マリアッチは彼に復讐する為に彼に関係する者を血祭りに上げてきていた。
 「ここにも向かってる」
 との言葉通り、マリアッチが到着。ブチョの事を訊ねると、銃撃戦になる。ここもなかなかコミカルで楽しいっ♪

 この酒場のシーンにタランティーノがご出演してます。
 まだまだ若いチーチ・マリンさん、ダニー・トレホさんもご出演っ♪ 2人とも殺されてしまうけど><

 過去話で「エル・マリアッチ」のエピソードが流れる。

 モコの傍にいる幹部の人がNCISの空母の事件の時の隊長さん、WATのメキシコでの話での刑事役の人だったっ♪ 若いっ!!

 怪我を負ったマリアッチを助けてくれる本屋の娘カロリーナとの治療のシーンも楽しい。かなり乱暴な治療。弾丸を取り落とすのはNGじゃないのかなー(笑)
 マリアッチは彼女と恋に落ちる。

 いよいよ本気でブチョを殺害しようと、仲間のカンパ・キールを呼び寄せる。2人のギターの武器が楽しい。
 機関銃とロケットランチャーって・・・(笑) それにあの撃ち方っ!! 

 とうとうカロリーナがマリアッチを匿っているのがバレる。本屋も放火され、遠くからブチョを射殺しようとすると・・・急に躊躇してしまうマリアッチ。実はブチョは彼の兄貴だったのだ。次回作エル・マリアッチ メキシコの話で兄貴を殺したってエピソードがこれで良くわかった!!

 

エル・マリアッチ
 ロバート・ロドリゲス監督デビュー作品。





 以下ネタバレ




 先に主役のエル・マリアッチがバンデラスの方で観ちゃっているので、最初にこれが大元と言われて観た時には少し物足りないものを感じたけど、観ているうちに作品に引き込まれ、主役の魅力に気付く。
 これを70万ドルで製作したロドリゲス監督は素晴らしいっ!! 改めて映画は金じゃないっと思えるっ!!

 仕事をこなした男アスールが刑務所に入っている。
 その彼が自分のボス・モーリシオ(モコ)に早くここから俺を出してくれと依頼する。だが、モコは殺し屋を差し向けた。
 だが刑務所内を自分の仲間で固めていたアスールはモコの手下を6人殺害して報復に出る。
 彼のスタイルは、ギターケースの中に銃を隠し、黒いスーツ姿であった。

 その時たまたまマリアリッチ(歌手)として旅に出ていた青年がいた。彼は純粋に街で歌手として稼ごうとしたが、アスールとたまたま同じようにギターケースを持ち、黒いスーツ姿だったことで人違いされて殺されそうになる。正当防衛でモコの部下を4人殺してしまう。

 たまたま匿ってらったバーのドミノという女性オーナー。でも彼女はモコから熱烈なアタックを受けていた。


 人違い、取り違い、勘違い・・・脚本も面白かったっ!! ちょっとした脇役(ホテルの主とか、アスールの部下とか、アスールの取り巻きの姉ちゃん達とか)がとってもキャラが立ってるっ!!  
 ジミなだけだったマリアッチのエルが、次第にかっこいい男に見えてくるから不思議。ところどころコミカルな部分もあって、見てて飽きない。
 途中途中で挟み込まれている悪夢もなかなかいい味を出していたっ。

 いやー・・・派手さはないけど面白い作品だったっ!!

 サンキューマイフレンドー♪ 


ソルト
観たっ♪




 以下ネタバレ


 こういうアクションものを女性1人で立てるのは今のところアンジェリーナぐらい?!


 イヴリン・ソルト(アンジェリーナ)はCIAエージェント。
 一時北朝鮮に拉致されていた事があるが、スパイじゃないと言い続けて何とか開放されていた。

 彼女には旦那がいて、その彼は元々北朝鮮の蜘蛛の研究をしていた素朴な男だった。

 今日は結婚記念日(すげー奇遇にもうちも記念日だった)彼女はその為に早く帰りたがっていた。

 
 だが、そこにロシアからの亡命者が。「26分だけ」と上司のウィンターと一緒に尋問へと臨む。

 その亡命者が語り始めたのは、ロシアで育てられたアメリカを破壊する為の工作員の学校の話であった。
 優秀な子供達。絶対的な忠誠。
 アメリカの重要ポストに何十年も潜み、そしてXデーに行動を開始し、現ロシアの大統領を暗殺するとの事。その1人の名前がソルト。

 最初は信じていなかった上層部だが、裏を取る度に真実味が増していく。
 ソルトは監禁され、亡命者も逃亡をはかってしまう。

 ソルトも逃亡し、旦那の安否を確認しに行ったものの、旦那の姿はもうなかった。

 ソルトは本当にそのロシアの工作員なのか、それとも・・・。


 予告でマスクを剥ぎ取るシーンがあったから、それまでいろいろ考えあぐねていたけど・・・なるほど。あれは見せて逆に深みにはめたわけだって思った。
 たまにそのまんまのネタバレがある中、巧いんじゃないかな。

 あの時、核の目標がそのまんま米国でもちゃんと止めたかな・・・。止めたんだよね? 

 なかなか自分的に観終わり感がよかったな。アクションも楽しかった。内容もいい意味で裏切ってくれたし。アンジェリーナも完璧な程美しかったですっ!!
 今まで彼女でなんか違和感があったのは「スカイ・キャプテン」の軍服姿だけだな、うん。何故か似合わなかった。今回もそのせいでその時だけ顔を変えてたのかなー(笑)

 記念日に相応しい作品だったと思う(笑) 2作目続いてもおかしくないね。敵はいっぱいいるみたいだし。


エクスペンダブルス
観たっ♪



 以下ネタバレ:公開中なのでネタバレご注意ください。







 ちょっと「特攻野郎Aチーム」とダブるかなー。
 
 でも彼らよりもさらに「この人達って・・・むちゃくちゃやるな・・・」っていう感想が一番!!
 もうそこまでダメ押しして殺さなくてもいいんじゃね? ってついつい思ってしまう><

 その中でも肉弾戦のリーとステイサムがかっこよかった?♪ スタローンも頑張ってたんだけど、やっぱり年だよなぁ・・・と感じてしまう。
 ミッキーに至っては・・・出来ればアイアンマン2ぐらいの活躍が観たかったですっ!!



 なーんだ、シュワちゃんのアクションシーンが拝めるのかとちょっと期待してたのにー。
 スタローンとの口げんか? は楽しかったけどさっ(笑) どうぞ、大統領狙ってみてください。

 そしてブルースも友情出演でちょびっと出てきただけ。

 まぁここは置いといてー・・・ステイサムの体術とナイフ投げがむちゃくちゃかっこよかったですっ!!

 あの拷問の仕方は女にではなく、メンバーの誰かのがよかったのに・・・。

 他の映画であんなにかっこいいリーですが、この中では「チビチビ」言われてます>< まるでジャッキーが「キャノンボール」に出た時のようなわびしさを感じてしまいました><

 そしてこの中、敵側の将軍様に「デクスター」のエンゼル刑事さんがっ!!! 

 いやー・・・お見事としかいいようがないでしょー(笑)  人間がゴミのようでしたね・・・ほんと><

 これを観に行った映画予告の中で「マチェーテ」名わき役のダニー・トレホさんが主演映画っ!! にドン・ジョンソンさんと相棒が出てるーーーーっ!!! ロバート・デ・ニーロも出るんだー。
 これは絶対観に行かねばっと思いましたっ♪ 

アベンジャーズ
観たっ♪


 以下ネタバレ


 1960年のイギリスTVシリーズ「おしゃれ(秘)探偵」の映画化。


 主演はレイフ・ファインズさん。ジョン・スティード。秘密工作員って感じ。
 相棒になる気象学者ミスターピールにユマ・サーマン。
 敵になるオーガスト・ウィンターがショーン・コネリー。

 何故か男の局長なのにマザーって呼ばれてるのがジム・ブロードベント。

 なかなか豪華なキャスティング。
 
 戯曲的なセリフの言い回しとか、なんかみんな人形みたいな動きとか、表情の硬いところとかがなんかコミカルが面白い。

 レイフさんのこんなアクションシーンが見れるとはっ!!!

 ストイックで飄々として無邪気な笑顔を浮かべて行動するさまはかわいいっ♪

 濡れ濡れになってショーン・コネリーとフェンシングや格闘するシーンはかっこいいっ!!!

 スティードはミニストリーという組織にいる。イギリスの国家安全の為に動いている。そんなある日天候を操作して世界を破滅に導こうとしているオーガストの調査を依頼される。
 その為の相棒として気象学者のピールが選ばれる。

 クマの着ぐるみを着た人達が会議をしていたり、おじいさん、おばあさんがいきなり機関銃ぶっぱなしたり・・・とってもシナカルで楽しかったっ!!!

 個人的にはジョン・スティードと執事のようなトラブショーの関係が良かったなぁ?!!

 それにしてもレイフさん、冒頭からいきなり全裸っ!! お美しかったです。


ホットファズ 俺たちスーパーポリス
観たっ♪




 以下ネタバレ




 最初はもっとコメディだと思ってたら・・・なんともグロい部分もあり、でも楽しかったっ!!!

 ロンドンで警官として働いていたニコラス・エンジェルは、正義感ばりばりのデキた男だった。検挙率は人の4倍。
 だが、それを妬んだ上司(ビル・ナイ)が、彼を田舎のサンドフォードという村へと左遷してしまう。

 
 その村は一見いかにものどかな町だった。何の問題もなさそうなのだが・・・ニコラスの洞察力はそののどかな中にも怪しい部分を見つけ出す。

 警察ものどかなもので、警部補の息子ダニーと相棒になるものの、どうも緊張感にかける。でもダニーは映画オタクで、映画のようなかっこいいニコラスに傾倒していく。

 だが、どんな些細な犯罪も見逃さないニコラスは、次第に周囲から煙たがられていく。

 そんな中、大根役者のブロワーとその恋人イブが首を切断されて発見される。警察は事故だと決め付けるが、どう見ても事件だと気付くニコラス。

 その後豪邸の持ち主のマーチャントも爆死。ニコラスに情報を流そうとしていた記者のティムも協会の塔が突き刺さって死亡。
 有益な情報をもたらそうとした花屋のレズリーも、ニコラスの目の前で刺されて死亡。

 それなのに世間も警察も事故で片付けようとする。異様なものを感じ取ったニコラスは、独自でこの街を捜査
し始める。

 するととんでもない事実がはっきりする。 街ぐるみの犯罪だったのだ。 よそ者、違反者等は処刑して当然という流れがあり、その採決を下しているのはなんと警察所の警部補だった。つまりダニーの父親だ。

 それまでにダニーとの親睦を深めてきたニコラス。だが、ダニーは父を裏切れないと、ニコラスの命を救って街から逃がしてくれる。

 でもニコラスはそのままロンドンへは帰らなかった。パーキングまで行って引き返すっ!!
 
 大量に押収していた武器を手にして、街に乗り込んでいく。街にいたおばさん、おじさん達が皆で銃で応戦してくる。

 ニコラスの味方は子供達とダニーのみ。

 スピーディな画面展開に、かっこいいBGM、そして過去の記憶をさかのぼる時の逆回転画像。
 画像的にとってもかっこいい作りだったっ!!!

 コメディのお約束も入れつつ、サスペンスでもあり、アクションでもあり、ヒューマンでもある。なかなか濃厚な一作だったっ!!

 ニコラス・・・ほんっとかっこいいっ!!! ダニーとのバディものとしても素晴らしいっ♪ 誕生日にピース・リリーをプレゼントしようとする心遣いもかわいい。

  

バリスティック

 観たっ♪

 以下ネタバレ


  ヴィン・ガントとその息子マイケル。
 夫ガントはDIAの責任者。

 FBIのエクス(バンデラス)は妻のヴィンを探してた。そこに副長官が仕事を持ってくる。

 妻を捜したければ、仕事をしろといわれる。

 ガントの息子マイケルが女殺人兵器のジーバーに誘拐された。それを取り戻せとの事だったが・・・。


 悪者の方の部下にレイ・パークさんが出てる。折角出てるのに、最後の最後までは銃の乱射だけでもったいない。
 最後ルーシーとの闘いもなんかもったいない感じ。もっと魅せ方があるだろーと思ってしまうが。首を折られた姿は綺麗だった。

 バンデラスもルーシーの前に霞んじゃってた感じ。

 マイケルは実はエクスの子供だったってのは最初かならなんとなく分かったな。

 それにしても小型殺人兵器ってのがいまいち小型ってだけあってちゃっちく感じた>< 今までのドンバンが激しかっただけにねっ。
 さんきゅーまいふれんどっ♪

トランス・ミッション

観たっ♪

 以下ネタバレ


 「アンダース・W・ベアテルセン」主演映画。
 「デンマーク」語で「アナス」って読むんだそうです。かわいいっ♪

 今度の彼はちょっとドジ?な刑事役ーっ♪ 刑事役ってだけで妙に猛るものがあるなー。

 ちょっと「ぽっちゃり」体系。でもお髭が似合うっ♪
 既に優しい眼差し。眼差しはその人を表しますな。

 3組ぐらいがどたばたどたばだっ!! 巡り巡ってっての「コメディ」楽しかったーっ!!!

 「ブラックマリア」という絵画を盗みだす3人組。「ヴィクター」「クルト」「ブリアン」そのうち「クルト」は娘「マリア」の為にもう悪事を最後にしようと思い、今回その絵画を別の「イゴール」一家に売る事を決意し、仲間を裏切る。

 でも途中で「アナス」さんの「グスタフ刑事」に発見され、逃げ出す事に。絵画は娘の「マリア」に託す。

 業を煮やした「イゴール」一家が殺し屋の「クンツ」を送り出し、さらにややこしい事に。

 ここの「アナス」さんは他とはまた違った「コミカル」な演技が楽しかったー。でも銃を撃つ姿はサマになってたしかっこいいっ!!
 大活躍だったっ!!
 船から飛び降りたくなくても、コケて落ちちゃったり、セスナ機ではちゃめちゃな運転したり・・いやかわいかったっ!!


張り込み/張り込みプラス

 観たっ♪

以下ねたばれ


 バディものとしてむちゃくちゃ楽しかったっ♪

昔に観た覚えがあるけど、今改めて観ても面白いっ!!

 NCISでネタに使われてたってだけはあるっと思っちゃった♪

 どっちかっつーと恋愛ものが薄れただけプラスのが楽しかったよーな・・・でもどっちも好きだなー♪
 あの女検事補ジーナも面白かったからかもっ!!

 エミリオの声が平田さんって事でさらにまた別の楽しみ方が出来ましたっ♪

ワルイドタウン3

観たっ♪


 以下ネタバレ

 ケヴィン・ソルボさん主演作品。

 ケヴィンさんこの作品はかっこいいなぁ。アクションが光ってます。元海兵っていうだけはある戦い方をしてくれるのがええですっ♪

 今回イラついた娘。FBIの娘サム。いらん所をいろいろやる子。電話するわ、隠れてろってのに来ちゃうわ>< その保護する労力が無駄だっての。

 FBI君がそのせいで撃たれちゃったしー><

 でも娘の友達に「筋肉マン」言われ、学校の校長? にちくちく虐められる「新米パパ」のような「ニック」はなかなかかわいかったです♪ 

 して今回は企業じゃなくてギャング相手に戦うニック。そしてFBIの中にも裏切り者がーって感じなんですが。

 最近めっきりクリマイやWATのせいかFBI贔屓で観てしまいます。
 保護にあたってた人達。隠れ家に潜伏してた人達。最後まで屈しなかった年配のFBIや娘を守った彼なんか頑張ったね・・・と涙。

 勿論ニックの街人の保安官も頑張りましたっ♪ ハンクをちゃんと家族持ちだからって返してくれて良かった。

 そして大雑把な料理を作るニックの赤い水玉エプロン姿はなかなかでしたっ♪ 

 いっぱいありがとうございましたっ♪ サンキューマイフレンドっ♪

ウルヴァリン

観たっ♪


 以下激しいネタバレ




 公開中なのでご注意をば。



 自分的に「Xマン」で一番好きなの「ローガン」だから今回のスピンオフ映画はとっても嬉しかったんだけど・・・「Xマン」の中で3が一番苦手な内容だったんだけど、それに近くて・・・うーむ。って所はあった。

 ただ「ビクター」との兄弟もの。相変らずの支配されぐらい。お茶目さ加減はなかなかえかったっすっ♪
 
 戦いの肉弾戦は迫力あったしな。

 でも「ストライカー大佐」との関係が自分の思ってたのとちょっと違ったのが残念>< 間に女入れて欲しくないのにな><
 そういう余計な設定を記憶を・・・で解決させてしまうのはちょっとなー・・・まあしょうがないか。
 
 相変らずなメンバーがまだ子供の姿で出てきたのは楽しかった。「スコット」を子供扱いするのもあの年齢差じゃ仕方ないかとも改めて思えた(笑)

 しゅんしゅん飛ぶ役の黒人さん「ライス」そのうち裏切ると思ってたら最後までいい奴で・・・ごめんなさい。

 そして「ロスト」の「チャーリー」(違)の「ブラッドリー」がやってる遊園地がえかったなーっ♪

 んで「ガンビット」が吹き替えだと平田さんだったっ♪

 なかなか楽しい「キャラ」だ♪ もっと「ローガン」との「コンビ」としての話が観てみたかった。

GI・ジョー
観たっ♪


 以下ネタバレ


 昨日遊んで頂いた哀生龍さんからのお勧めで早速拝見してきましたっ♪
 想像以上に面白かったな♪ 他住人にはかなり迷惑きわまりない話ではあったけど><

 特に「スネイクアイズ」の黒々とした姿。話さないって・・・昔の「FF」の「アサシン」を思い出しちゃいましたっ!!! 格好も似てるしっ!!!
 少年の頃までの「エピソード」までやって、まるで彼が主役のようだったよね(笑)

 なかなか迫力もあったし「コミカル」な部分も多く。楽しんでみられましたっ♪

 中でもやっぱり「リップ」の存在は大きいね。会話が危機的状況でも楽し気なのはいい。

 女の意地の張り合い部分とかも面白かったし、いっぱいいろんな機体も出てきて楽しかったっす。
 「ナノテク」の虫はキモかったけど><

ローラーボール

観たっ♪


 以下ネタバレ


 「ナヴィーン・アンドリュース」出演作品。


  結構面白かったな。「ローラーゲーム」のちょっと未来版みたいな感じかなー。
 主役の「ジョナサン」は結構な「スター」選手。んで親友の「リドリー」に声を掛けられて「ローラーボール」の世界へ。

 それぞれの「チーム」がまるでお祭り状態。なかなか「ハード」な「ゲーム」なんだけど格好だけみるとおふざけとしか思えない。「テーマパーク」みたい(笑)

 視聴率と賭けの為に選手を物としか思っていない経営者とテレビ局に反旗を翻す話。

 「ナヴィーン」さんはその中経営者側で悪い奴。でもちょっとは良心があるっぽい役だったのに・・・。

 なかなか「クール」で素敵な役だった。途中で経営者オーナーに平手打ちされるは、頬をムニっとつねられて「かわいい奴だ」言われるし(笑)
 彼ってこういう役柄多いな♪

 勧善懲悪っぽかったのがえかった。

フォール
 観たっ♪


 以下ネタバレ


 「ダニエル・ボールドウィン」監督・出演作品。


 初監督作品っ・なんかちょっと「テンポ」の悪い「ガイ・リッチー」作品みたいに思えた。でも2作目の素人っぽさより良かったように感じたのは何故だろー。
 題材かなー。

 完全英語のみの視聴なのでまるで内容ちんぷんかんぷんなんですがっ><
 素敵ブログ様のご感想で少しは理解しました。
 
 それを知るまで「証人保護プログラム」に入ってるとは知らず、まるで「ゲイパートナー」のような暮らしをしている二人に微笑ましいなぁ・・・と(笑)

 そしてこの中で「クリマイ」の「ロッシ」が出てたーーーっ!!
 んで「ロッシ」の「ジョー」さん、髭があった方がかっちょいーっ♪ というのが分かりましたっ!!(笑)

 この中の「ダニエル」さんは兄弟ものを演じていて、いい年こいてまだ母親の前でイタズラしちゃうようなガキ臭い役なんですが、兄弟については半端やない拘りがあるっ♪
 なかなかかっこええ役でしたっ!!

ハーレーダビッドソン&マルボロマン
 観たっ♪


 以下ネタバレ


 「ダニエル・ボールドウィン」出演作品。

 かなりお気に入りっ♪ 「ダニエル」さん的にも恐い暗殺者で黒いマント姿で面白かったし(笑)
 若い頃は余計に恐いって感じが良く出てるー。
 「ジャック」が殺されちゃったのはかなりショックだけど>< まー仕方ないか・・・と思える程二人に入っちゃったな。

 ハーレーとマルボロのバディな感じがえかったーーーっ!!!

 キャラの性格付けというか、癖とかはっきりしてて味がある!!決まった台詞があるし。愛着してるものにちゃんと意味があるし こういうディテールがええ♪

  とってもかっこいいのに銃に関してはかなりヘタレな「ハーレー」もとってもかわいいっ♪ 撃っちゃうしなっ大笑いしちゃった(失礼笑)
 
 勧善懲悪ものに近いので観終わり感もええっ♪ ちゃんと犬死にみたいになった友達の仇もとれたしっ♪ えかったえかった♪

 すっかり途中から「ダニエル」さん忘れてしもたっ><

 「ダニエル」さん作品これで視聴終了。観せて頂いたフレンズどうもありがとう♪m??m
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.