映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S8 #13
S8#13

以前のスカリーとモルダーがベッドインしたみたいな夢の一時、あれ、本当だったのか・・・と今回初めて知る。
邦題「受胎」

以下激しいネタバレ


S8 #13


 出産してる女性。だが急に医師達が急変。赤ん坊が危ないからと夫を追い出し、病室に鍵をかけてしまう。
出てきた赤ん坊はエイリアン。母体は眠らされる。

 Xファイルに依頼人パスケルがやってくる。スカリーとは面識があるとの事。
 妻の件で8年前にも相談しに来たという。異星人に誘拐され、不妊だった体に受精させられ、出産した赤ん坊は奪われ、妻は殺されたという。何度も誘拐され、ガンになったり、完治したりの繰り返しだった。
 証拠は胎児の超音波写真。医師がみれば分かるはずと訴えてくる。医者もグルだった。
 君なら理解できると思った、君も通った道だからとドゲット。だがスカリーは動揺しつつも捜査を引きうけようとはしなかった。

 スカリー、モルダーとの過去を思い出す。子供が出来ない体になったことを告白すると、モルダーがスカリーの卵子が政府のラボに保存されていることを告白する。
 それがあればもしかして体外受精が可能かも・・・と希望に喜ぶスカリー。

 病院で堕胎を嫌がる女性を取り押さえてる医師達。スカリーが理由を聞くと、赤ん坊が普通じゃないから仕方ないとの事。
 別室にはエイリアンの胎児がホルマリン漬けになっていた。
 急激に不安になったスカリーは、自分の主治医であるパレンティ医師に連絡し、すぐに自分の胎児を確認して欲しいと連絡を入れる。

 また過去の話。医師に体外受精の相談をするスカリー。精子提供を希望する方はおられますか? との質問に、スカリーまだ彼には相談してませんと告げる。

 スカリー、超音波の写真の胎児には何の異常も見られないといわれ、安堵する。

 また過去の話。モルダーに精子提供を願い出るスカリー。驚きつつ喜ぶモルダー。君とはそういう関係にはなるまいと思ってきたけど、答えはイエスだ。
 久々のモルダーの姿にちょっと懐かしさ込み上げる。

 暫く休暇を取るというスカリーに、あからさまにショックを受けるドゲット。理由も知らされていない上に、1人でXファイルをやっていく自信がない。そんなドゲットを説得するスカリー。

 メアリー・ヘンダーショットという女性、覚えのない妊娠をしてる。計算すると、誘拐された時に受精した可能性が高い。
 ずっと子供が欲しかったから、そのまま妊娠し続けていたが、最近身の危険を感じるとの事。
 スカリーが信用する病院へ彼女を保護する。

 スカリーも羊水検査を受ける。超音波の写真はまともな胎児。だが、医師が席を外した時確認すると、その画像は他人のを録画したものだと気付き、慌てて逃げ出す。

 メアリーと共に逃げ出す。助けてくれたのが、ドゲットの友人ノエルだったが、途中で車を停め、眠らされてしまう。

 メアリーの子、3000gの普通の男の子だった。だが、取り替えたわね・・・と信用しないスカリー。
 あのビデオもたまたま重ね撮りをしていただけだとドゲットが説得する。
 だが、スカリーは私達は利用されたのよ、と言い張る。

 過去の話。
 体外受精が上手くいかなかったと哀しむスカリー。そのスカリーに、モルダーは奇跡は信じなきゃいけないと慰める。そしてベッドイン? ここはちょっと匂わせる感じだけど・・・それで妊娠したのかな?


  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.