映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S8 #1・2
S8 #1
T1000が参入! いい人っぽいけど・・・ イメージでどうしてもエイリアンじゃないかと疑ってしまう。


以下激しいネタバレ


S8#1・2


スカリーの赤ちゃんはモルダーだった? とかなんかグロいんだけど。勿論夢。
ありえそうで怖いんだけど。
失踪中のモルダーは頭の末期ガンだっと判明、何かを画策してる? 重要参考人としてスカリーも、スキナーも尋問を受ける。

モルダーの捜索責任者としてジョン・ドゲットが選ばれる。長官代理としてカーシュも選出された。これからも職場いじめが続くわけだ。

スカリーは完全にドゲットは敵だと認識して接してるけど、ドゲットは案外中立な立場? カーシュにもはっきりと反論出来るキャリアより現場男らしい。そして頑固なほど現実主義者。
 スカリー達が信じてるものを完全に疑っている。以前のスカリーの位置だな。

 その頃モルダー、UFOに拉致られて裸体で拘束、体にドリルで穴開けられてるよ。誰に対するサービス?これ。

 スキナーとスカリー、オタク軍団と協力してモルダーを拉致ったUFO捜索をしてる。

 ドゲットが明らかにしたモルダーの不可解な行動の証拠を見せられ、スカリーの中にも疑心が生まれ始める。元々科学側の人間だったもんな。

 そんな中、モルダーが自分のカードを使ってFBIに侵入。パソコンを盗んでいった形跡が。共犯として疑われるスキナー達。

 そんなモルダーが引き続き家族の墓に行っていた形跡が。スキナー達も困惑する。

 オタク軍団とUFOの行方を追う中、スカリーが彼等があちこちで自分等の痕跡を消して回ってると想定。

 彼等の次のターゲットがエイリアンと人間のハーフであるギブソンだと気付き、フレミングタウンの盲学校へと保護に向かう。

その情報はどこからかジョンにも漏れ、彼等の組織も同じ場所へと向かった。

 皆が探しに来ている中、ギブソンは窓から逃走。だが、その先にいた人物に連れ去られる。その人物は、モルダーだった。

 嫌がるギブソンを連れ去ろうとするモルダー。その姿を発見し、追うジョン。

 だが、崖から落ちたモルダー。死亡したと思ったが、遺体がどこかへと消えてしまう。つまりあれはモルダーではなく、エイリアンの暗殺者。その事実を目の前で見ながら、信用しようとしないジョンにイラ立つスキナーとスカリー。

 エイリアンは捜査官の一人に紛れ込み、ギブソン暗殺の機会を狙う。一時はスカリーにも変身し、捜査官一人を襲った。

 不可解な現実が目の前でおこっても、何とかつじつまを合わせようといろいろ考えるジョンの姿は、以前のスカリーそのもの。

ギブソンと仲のよかった女の子が、密かに学校を抜け出す姿をスカリーが発見。尾行していくと、荒野の隠れ家に怪我をしたギブソンを匿っていた。

 スカリーと共に逃げようとしたギブソンが、途中でモルダーの夢を見る。モルダーがUFOに拉致られ、酷い実験をされているのを見た。

 スカリーは組織に内緒でギブソンを守ろうとしたが、ジョンに発見されてしまう。

 病院で保護されたギブソンだが、案の定エイリアンが襲いに来る。その都度いろんな人物になりきるエイリアンに翻弄される。

 スキナーに化けたエイリアンと戦うスカリー。何とか射殺したものの、例によって緑の泡となって溶けてしまう。ジョンはその真相を見れず。信用もしない。ギブソンはスキナーの機転で何とか無事保護される。

 カーシュに報告するも、納得できる内容にはならない。だが、ドゲットは「こうなるとわかっていたのでしょう?」と告げる。

 そして正式にドゲットはXファイルの担当となった。

 拉致されたままのモルダーの周囲にはエイリアン達が。いつまでサービスショットが続くのかな。

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.