映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S7 #12
S7 #12
警察24Hみたいな内容。
珍しく冒頭に注意書き:これはXファイルの特別版であり、未成年に不適切な映像があります。だって。
これ「整形」とか「害虫」の時にも書いて欲しかったよ><; R指定にする場所がちょっと違う米国。不適切なのは・・・どこ?! まさかゲイじゃないよね。


 以下激しいネタバレ

S7 #12

 モルダーとスカリーの24H的な感じ。
カリフォルニア州 ウィロウパーク

キース副保安官。今日は満月。満月は不思議と犯罪が多いと愚痴る。
「怪物が付近をウロついている」との通報があり、現場に向かう。
通報者のインディアン女性の自宅玄関には鋭い爪跡が残っていた。

不審者を確認し、追跡するキースだが、慌てて逃げ出してくる。撮影班と必死でパトカーで逃げるものの、その何かに車ごとひっくり返されてしまう。

 キースは歯に物が挟まったような証言をする。多分薬中のチンピラ共の仕業だと思うと告げる。

 29日前の満月の時には狼男に男性が噛まれ死亡している。とモルダーがその時の似顔絵を見せて報道陣に報告する。スカリーが止めるが「皆にも超常現象を見てもらえる」とノリノリのモルダー。
 スカリー「スキナーに言うわよ!」って・・・「お母さんにいうわよ!」的なお姉さん的言動笑

 襲われた被害者が化け物の似顔絵を作成する。それは・・・  「エルム街の悪夢」のフレディそのものだった><

 だがその後、その絵師さんも殺されてしまう。その近所にいたのはゲイ夫婦の黒人さんたち。漫才のようなやりとりにモルダーニヤニヤ。生きていたときから、死ぬまで被害者しか見ていないらしい。

 だがその近くにピンク色の付け爪が落ちていた。目撃者は地元のコールガール・シャンタラのもの。全身ピンク。顔はモザイク。

 やったのは自分の元締めのチコだという。警察に協力しているのを知られたら首をねじり切られると怯えている。

 警察がチコのヤサにガサ入れに入ると、既にそのチコは薬の過剰摂取で一週間前から死亡していた。では誰が?

 そのヤサの外のパトカーの中で保護されていたはずのシャンタラが、首をねじり切られて死亡してしまう。

 得体の知れないものの犯行だとわかってきた中、ようやくキースが告白をし始める。襲ってきたのは「ハチ男だったんだ」と。 
 こんな事を言ったら警察にいられないし、ここからも追い出されるから黙っていたとのこと。

 モルダーは次第に犯人像がわかってくる。皆の恐怖を具現化している化け物らしい。

 シャンタラの遺体を検視していたスカリー。地元検視官の女性は、こんな夜中にいきなりFBIの検視官スカリーが来たことをいぶかしみ、危険な伝染病じゃないかと疑い始める。
 スカリーが「たとえばハンターウィルスとか?」と言った途端、検視官の女性はハンターウィルスに冒されたかのようにショック死してしまった。

 奴は人々の恐怖をエサにするらしいとモルダーの見解。

 キースは再び麻薬ハウスへ向かう。だが中に入った途端に懐中電灯が壊れる。取材班達も一緒に閉じ込められてしまった。
 
 キースは部屋の中で何者かに襲われ、悲鳴を上げている。
 モルダーは必死で「勇気を持て、男だろう!」と説得するが、ようやく開けられた中には血痕のみが残っており、キースの姿はなくなっていた。

 そのまま夜が明けちゃった。次の満月にはまた来るぞ・・・とモルダー。

 あそこまでゲイ夫婦さん達をクローズアップする必要があったのかにゃ? 後日また出演なさるとか?!



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.