映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S6 #13
S6 #13

久々の化け物モノ。「プリズンブレイク」のヘイワイヤーがコソ泥役で登場w


以下激しいネタバレ

S6 #13

 フロリダ州グッドランド
 家が嵐に見舞われ、窓に板打ちをしている母親。息子に水を持ってくるように訴えているが、水道が出ない。下水から水が吹き上がってきた。母親は洗濯機でそこを塞ごうとするものの、その間に息子の首に透明なタコみたいな触手が絡まりついていく。助けようとした母親も触手に絡まれてしまう。

 モルダーは、Xファイルの先輩であるアーサー・デールズに呼び出され、その嵐の中に来訪する。

 近所の友人から助けを求められているという。サラの夫が何か得体の知れないものに襲われたが、その後連絡が途絶えたらしい。

 その家に嵐の中に向かうモルダー達。だが、家の中ももぬけの殻。そこに地元の保安官がやってきて、2人を不法侵入者として逮捕しようとする。結局FBIとわかって協力しあうことに。
 排水溝の中からは、息子のと思われる衣服だけが発見された。ゼリー状のものが付着している。
 洗濯機の中には猫が紛れ込んでいた。

 保安官は逃げ遅れた人がいないかパトロールする。
 酷い嵐で道も空港も閉鎖されてしまう。結局モルダー達もパトロールしていた保安官と合流する事に。

 だが、その先の保安官は、トイレの中で白いゼリー状のものに包まれている人を確認した後、彼も首をゼリー状の触手に絡まれてしまう。

 そのアパートには、まだコソ泥の男と、妊婦を抱えた夫。そして銃マニアの男が逃げ遅れていた。

 スカリーの検視結果、保安官は何かの毒針に刺されたらしい。喉を切開して呼吸させる。体がひどい熱に冒されていて、水に浸しておく。

 だが、こそ泥が気絶した保安官の結婚指輪を取るべく石鹸を使っていた間にバスタブに塩が入ってしまう。そのせいで化け物が排水溝から侵入し、保安官は捕食されてしまった。

  コソ泥が逃げ出したのを追ったモルダーも、化け物に襲われてしまう。助けようとしたスカリーを住人が阻んで部屋を閉じてしまう。モルダーは諦めろという。その時、妊婦が産気づいてしまう。

 天井からモンスターに襲われる危険性を孕みつつ、出産を強行するスカリー達。途中化け物が這い出してくるが、スプリンクラーを撃って難を逃れる。

 見放されたモルダーは、自力で廊下を這い、雨の中にいる猫を見て化け物が水を嫌うことに気付き、助かる。

 赤ん坊も無事生まれた。

 最初はスカリーを石頭と罵っていたアーサーも、スカリーの活躍に感服。「私も君みたいな優秀なパートナーがいてくれたら、今もXファイルをしていただろう」と絶賛。

 そのアーサーが「水はいるか?」と訊いてくるのに対し、二人は力いっぱい「いらない!」笑


   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。