映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S6 #8
S6 #8

一瞬クリマイのガルシアかと思ったけど違ったw 吹き替えが「ダーマ&グレック」のダーマで舌足らずな甘い言い回しとか独特だったな。今回の彼女にはぴったり。
モルダーへの恋愛感にまるで信用なしなスカリーに大笑い。


以下激しいネタバレ

S6 #8

カンザス州クロナー 時はバレンタイン。

テレビスタッフのシーラが、ダリルとの婚約を人にバラしたとしてダリルは憤慨。婚約を解消してしまう。落ち込むシーラ。
 
車で走り去るダリルは、途中雹に見舞われ事故ってしまう。その雹は何とハート型。

 その事故でダリルは片足を切断する事に。

 だが、その後ダリルは雨乞いの天才レイン・キングとして世界から引っ張りだことなっていた。この地域だけ妙に異常気象が多い。

 セスナ機で小さな空港に到着するモルダー達。市長と、その娘が歓迎してくれる。バトンで踊ってくれる娘に唖然とする2人。

 酷い干ばつで悩んでいるとの事。そんな事の為にここまで来たの?! 的な眼差しのスカリー笑

だがもうすぐダリルがきて雨を降らせてくれる予定だという。絶対にそんな事あり得ないとするスカリー。

 だが実際ダリルが義足をつけて踊りだすと、雨が降ってきた。天気図を見ると、周辺は干ばつだが、ここだけは降ってるという異常さ。

 モルダー達はテレビ局へ。クイズショーの参加者の別の夫婦と間違えられて苦笑い。そこにはシーラと、天気予報士ホーマンが。ダリルの能力には感心しているとモルダー達に告げる2人。だが2人ともがFBIの来訪に不審気。
 ホーマンは、シーラがまだダリルに気があるのが不満。「奴は君の財産目当てだっただけだ」でもシーラはまだ彼を諦めきれないらしい。

 モーテルに泊まったモルダーとスカリーだが、そのモルダーの部屋の上から牛が竜巻で運ばれ、落下してくる。少しだけ怪我を負うモルダー。

 シーラがその事件に気付き、謝罪してくる。
 「私がやったの」昔から彼女の周囲には異常気象が付き纏っていた。
 学校の卒業式には竜巻で学校が壊れ、4月の結婚式には大雪が降った。3年前夫の浮気で離婚が決定した時には雲が笑っていたという。ダリルのことが好きだから、彼の為に雨を降らせてる可能性があるとの事。

 だがモルダーは彼女が原因ではないと気付く。1991年の新聞記事を証拠としてスカリーに見せる。ホーマン・ハートの母が亡くなった時、その日バラが降ったという。つまり天気予報士のホーマンのせいらしい。

 だが今度はシーラはモルダーに想いを寄せ始める。それに嫉妬したホーマンは、大型の嵐を呼び寄せてしまう。ホーマンの鬱屈した感情によって異常気象が起きるらしい。
 ダリルの雨乞いは、以前ハート型の雹を降らせたせいで事故を起こし、足を失った償いのつもりだったという。

 モルダーは、ホーマンにシーラへの想いを打ち明けるように説得する。
 モルダーがホーマンに恋愛の仕方を伝授するといわれ、スカリーは暫く無言になった笑 「あなたが? 貴方デートしたのっていつだっけ?」って笑。

 何とかシーラに告白するホーマンだが、シーラはホーマンのことをまるで恋愛対象としては見ていなかった。嵐はますます酷くなる。

 今度はスカリーがシーラをトイレで説得。モルダーとの仲を嫉妬してるんでしょうと勘ぐられて苦笑い。
 「今まで何でもなかった人でも、心のスイッチが入れば、かけがえのない大切な人になるわ」とアドバイス。
 
 激しい嵐に見舞われる同窓会会場。さらに雨を降らせられなくなったダリルが、クライアント50人から訴えられ再びシーラを頼ってくるが、撃沈。結局新しい彼女とよりを戻す。

モルダーはスカリーに「箱舟作るから動物集めて」笑

 再びホーマンは意を決してシーラに告白。シーラも「この異常気象は私を好きだから?」「君を愛しているからだ」その真摯な告白に「そんなロマンチックなこと言われたの初めて・・・」とキスを交わす合う二人。  嵐が止んだ。

 やれやれ的なモルダー達。

 それから2人は結婚。赤ん坊をもうける。その赤ん坊も父親の能力を受け継いだらしい。外は快晴で虹までかかってる。

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.