映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S6 #3
うわー・・・ 今回1カメのみ撮り。高い技術と新鮮さがあるけど・・・結構観てる方は疲れますー。


以下激しいネタバレ

S6 #3


サルガッソー海 西64度 西南西の海域に船の残骸。モルダーが海に浮かんでる?! モルダー引き上げられるが、皆モルダーをナチスと決め付ける。彼等は1939年のイギリスの豪華客船の船員達だった。
 モルダーは彼等がこのバミューダ海域で行方知れずになったクィーンアン号だと気付き、彼等を説得しようとするが、無駄だった。
 何と彼等が現代にきたわけではなく、モルダーが1939年らトリップしてしまったらしい。

 だが、そんな中その豪華客船の中に乗り込んでくるドイツ兵。その中には煙草男とスペンダーとクライチェックの姿もいる。さらにスキナーの姿まで。

 豪華客船で踊りを踊っていたのはスカリー。だが、皆が昔の人物。

 ドイツ兵達は、この船に乗っている核爆弾開発の博士を探していた。

 現代のスカリーは、オタク軍団から呼び出される。モルダーがバミューダ海域で行方知れずになってしまったらしい。クィーン・アン号が出現したから見にいったとの事。だがその船ごと彼がいなくなってしまったらしい。

  スカリーは煙草男達の監視下の下、スキナーにモルダーを助けてくれるように極秘の依頼をする。最初は無理だといっていたスキナーが、ちゃんと調べてきてくれたことに感激したスカリーは、彼にキスまでする笑


 クィーンアン号のモルダーは、歴史を知っているだけに、船員達と共に船を止めようとする。その船員の中には何とカーシュ副長官の姿が。

 処刑されそうになっていたモルダーを助けたのはスキナー。彼はアメリカのスパイだった笑

 スカリー達も救助艇でクィーンアン号を発見して乗り込むが、同じ場所を通っているはずなのに、遭わない。時限が違うかららしい。

 モルダーはドイツ兵達からスカリーを連れて逃げ続ける。そしてスカリーに船の針路を引き返させるように頼むと、キスをし、殴られる。そして現代へと戻るべくまた海へと飛び込んだ。
 
 救助されるモルダーは病院で目覚めた。皆が心配して見舞いにきてくれている。船の話をすると笑うスカリー。
「君は世界を救ったんだ」全部夢よ。といわれるがモルダー「愛してるよ」に対してスカリー「やれやれ」笑
 全部夢かと思われたが、頬にはあっちのスカリーに殴られた傷が残っていた。にんまりするモルダー。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.