映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S5 #15
S5 #15


 モルダーのお父さん、随分な賭けに出たもんだ・・・


以下激しいネタバレ


S5 #15


 廃墟にいた男、体調悪そう。黄色の汁を口から吐いて死亡。彼の名は「エドワード・スカー」
 だが、その男の廃墟のバスルームには、内臓がごっそり抜かれ、ミイラ化した死体があった。
 そのスカーが死に際に呼んだ名が「モルダー」

 38年前の連続殺人事件に関して、モルダーは元捜査官を訪ねる。最初は渋っていた元捜査官も、彼がモルダーだと分かると話を聞かせてくれた。

 先日死亡した男「エドワード・スカー」が最後に残した名前は、父親の名前だったと確認するモルダー。
 (元捜査官の昔の姿がスパナチュの悪魔だっ♪)

 エドワード・スカーは、38年前、赤としてスパイ容疑で政府に狩られ、牢獄で自殺したはずだが、本当は生きていた。さらに彼を追いかけた捜査官が見たのは、口からエイリアンを出すスカーの姿。

 それに襲われると、内臓が全て酸で溶かされるらしい。彼はそれで何人もの犠牲者を出した。自分では止められないらしい。奥さんにも手をかけてしまう。

 スカーは元国務省にいた人間。捜査官は彼のことに関して、上から口止めされる。証拠も抹消するように言われた。

 そこに出てきたのがモルダーの父親。スカーを含め、3人退役軍人だったが、国の手術で体内にエイリアンを埋め込まれたらしい。
 他の2人は抹殺されたが、スカーだけは見逃された。その見逃したのがモルダーの父親。いつか真実が明るみで出るだろうと期待してのこと。

 でも犠牲になるのは一般人だったからなー・・・  いいんだか、悪いんだか。

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.