映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S5 #3
S5 #3

「オタク軍団」の過去話。モルダーとの出会いが判明。


以下激しいネタバレ

S5 #3


 冒頭、いきなりファンへのサービスショットか、裸体で悶えるモルダー。空ろな眼差しで「奴等がいる」と呟いている。
その倉庫の中にいたのは、例のオタク軍団。そこに黒人の情報屋男が。その現場の処理をし始める。


 彼等への尋問。

 事の始まりはコンベンションセンターの国民市での出来事。

 ある女性、ホリーのお悩み相談に乗るオタク軍団の一人ジョン。すると女性は一人娘スザンヌが元恋人に誘拐されたと娘の写真を見せてくる。その元恋人が自分を追ってきているからかくまって欲しいとのこと。
 ジョン達がその元恋人を確認すると、そこにはモルダーの姿が。

 モルダーを煙に巻いている間に、ホリーの姿はきえる。

 その後モルダーがFBI捜査官だと知り、逆に逃げていた本名スザンヌが研究所を爆破したテロ犯だと言われて驚くオタク軍団。

 彼女の為に、国防総省にハッキングしたオタク軍団も逮捕されるが、モルダーが釈放させる。

 その夜、彼等の元にまたあのスザンヌがやってくる。政府は危険な薬物を人体実験をするため、ぜんそく薬としてバラ巻くつもり。それを隠蔽するタメに、研究員もろとも研究所を爆破したが、それをスザンヌのせいにしたという。

 彼女の証言が真実である証に、彼女の歯の中には追跡装置が埋め込まれていた。

 人体実験に使われる危険な薬物を何とかしようと、ホリーと共に倉庫に向かったオタク軍団だが、組織の人間が邪魔しにくる。それに助け舟を出してくるモルダーだったが、薬が周囲に充満、モルダーは危険な薬物に冒されてしまう。

 モルダー、薬のせいで黒人の組織連中が宇宙人にみえる。

 オタク軍団は何なく見逃してくれる。どうせ話したところで誰も信じないから。

 警察に尋問を受けたものの、警察はやはり信じようとはしなかった。

スザンヌは雑誌社にこのネタを売ろうと奔走していたが、やはり誰も信じようとしない。それでもがんばるとオクタ軍団に連絡を入れた後、組織に捕まってしまうのだった。

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.