映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S3 #17
S3#17
題名「プッシャー」 自分の意志を人に押し付ける人の事らしい。


以下激しいネタバレ




S3#17

 鼻歌を歌いながら買い物をしている男。何故かプロテインを爆買いしてる。
 レジに立った男だが、周囲をFBIに取り囲まれ、逮捕される。
 彼への容疑は連続殺人。だが証拠はない。だが本人は自首したことがあった。自称「プッシャー」彼は手を使わず言葉だけで人を自殺に追い込むらしい。

 今回も車に乗せられ連行しようとするが、途中で運転中の警官に何やら囁き始めるプッシャー。すると、いきなりトラックの前に車を発進させてしまう警官。警官は死亡。同上していた刑事も怪我を負い、プッシャーは逃げた。

 ゴルフ場にいたところを取り囲む警官等。だが、警官の1人が本人が嫌がりながら焼身自殺を図る。プッシャーの暗示によるものらしい。だが周囲はモルダーの考えには賛同しない。
 プッシャーは逃げおおせると思っていたらしいが、車の中で何故かグロッキー状態で発見され、逮捕された。

 裁判まで辿り着くが、プッシャーに判事が暗示で取り込まれ、結局釈放に。

 公衆電話から刑事に電話をかけてくるプッシャー。その電話で肥満のことを指摘され、心臓発作で死亡してしまう刑事。

 彼の自宅を捜索すると、大量のプロテインが。彼は脳腫瘍の末期らしい。

 彼はFBIにまで乗り込んできて、モルダーの資料をあさりにくる。異変に気付いたスキナーだが、暗示にかれられた秘書に暴行を受け、逃げられてしまう。

 病院にいたプッシャーに立ち向かったモルダーだが、暗示にかけられ、ロシアンルーレットをやらされる。スカリーが何とか説得しようとするが、暗示には逆らえず、モルダーに撃たれそうになった時、警報を鳴らすスカリー。激しい音が暗示をかき消し、プッシャーを射殺した。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。