映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S3 #8
S3 #8
自己犠牲な話に弱いなー・・・><


以下激しいネタバレ


S3 #8



 ヴァレーウッズ高校に写真撮影にきているカメラマン。その助手であるカール・ウェイトは、ある1人の女学生エイミーを見詰めてぼうっとしている。彼は彼女の写真を利用して自分の写真と合成したりした。

 その夜、エイミーの自宅にウェイトが侵入。エイミーを誘拐していく。

 その同時刻、30K離れた場所でバイトをしていたルーシー30才がいきなり鼻血を出して昏倒する。彼女から出た血は、何とエイミーのものと判明する。
 そのせいで、警察は彼女を犯人の共犯と見始める。

 ルーシーは8才の頃に誘拐され、13才まで監禁された過去があり、今もトラウマに悩まされている。どうやらその犯人と今回の犯人は同一人物らしい。

 モルダーは早い段階で彼女がエイミーとトランス状態にあると見て見守る。だが、本人も過去を振り返ることにおびえており、協力的ではなかった。
 だが、どうしてもエイミーとのトランス状態から脱却できないルーシーは、自ら自分が誘拐され、監禁されていた山小屋へと赴く。

 その頃、路上で目撃された犯人の情報から、警察もその小屋に向かった。その場所にいたルーシーにまた疑惑がかかり、逮捕されそうになる。だが、ルーシーは「エイミーは川に連れていかれた」とモルダーに助言する。

 ウェイトは、どうしても言う事を聞こうとしないエイミーを川に沈めて殺そうとしていた。

 パトカーに乗せられていたルーシーが、いきなり口から大量の水を吐き出し苦しみだす。傍にいた警官が救急車を呼ぶ。

 川でエイミーを沈めていたウェイトをモルダーが射殺するが、エイミーは息を引き取っていた。何とか蘇生を試みようとするモルダーだが、スカリーはもう無理だという。
 だがその時いきなりエイミーが意識を取り戻した。(スカリーの諦めが早くてちょっと歯がゆかったが・・・)

 だが、その同時刻ルーシーはパトカーの座席で溺死した。モルダーによれば、エイミーの身代わりになったのだという。
 モルダーはこれでルーシーはようやく本当の意味で自由になれたと言った(哀)



 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。