映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S3 #1・#2
S3#1・#2
S3#3を撮り損ねた。どうせ次のシーズン前には再放送するだろう・・・と踏んでいたら・・・ もうS5?笑 このままS9まで駆け抜けるのだろうか?!
諦めて重い腰あげましたよ。はいはい。
モルダーの安否が分からないままS3突入!


以下激しいネタバレ


S3#1・#2


 S2最後に軍部によって、エイリアンの痕跡と一緒に焼却処分となったモルダー。結局殺すなら最初からさっさと暗殺すればよかったじゃんね・・・と思わずにはいられない。

 だがモルダーはしぶとい! 岩陰に隠れて難を逃れていたが、生死の境をさまよっていた。インディアンが、彼等の治療法である木々の力と祈りで彼を再生させようと試みる。

 モルダーは生死の境をさまよいながら、今まで死に別れた人々との再会を果たし、自分が今すべきことを再確認していく。

 だが、現実では既に亡き人としてお葬式までされているモルダー。
 
 そんな中スカリーは・・・ スキナーの痛い所を突きつつ(今の貴方にはそれほどの力があるとは思えない><ごもっとも)モルダーを諦めずに探索していた。
 それと共に、鑑識に自分自身の首裏に埋め込まれていた未知のマイクロチップの調査もしてもらう。

 例の組織の1人の男が、スカリーに忠告? プラス仲間への不信感を露にする。タバコ野郎が1人で身勝手に行動を始めているようだ。スカリーの身も危ないという。

 モルダーは意気消沈している母親の元に戻ってきた。母親に父親がしていた国務省の事を訊こうとするが、母親も覚えていないと言い張る。

 モルダーの部屋に行くスカリー、そこにはスキナーの姿が。モルダーが隠しもっていた極秘ファイルは、彼が守ったという。スカリーはてっきりスキナーが自分を暗殺する人物だと怯えるが、その間にスカリーの自宅に来訪していた姉メリッサが暗殺者に撃たれてしまう。

#2
 スカリーとスキナーで銃を向け合って牽制しあっているところに、ひょっこり帰宅してくるモルダー。

 結局誤解だったと和解し、極秘ファイルはスキナーの手に委ねられた。

 メリッサの手術は一応成功したものの、その後結局息を引き取る。落ち込むスカリー。

 83年に撮られたと思われる写真に、父親と例の組織のメンバーが一緒に写っているのを入手したモルダー。そのメンバーの中の1人、ナチスの科学者だったビクター・クレンパーを訊ねる。ユダヤ人で人体実験を行ったらしい。
 鉱山にいけとヒントを貰うものの、その後彼は突然の心臓発作で死亡してしまう。またもタバコ男に消されたらしい。

 タバコ男は、組織に「極秘ファイルはもう取り返した」と嘘をつき、独自に暗殺者を暗躍させる。

 鉱山にいくと、そこには大量の医療カルテが。組織サンプルと共にあった。その中にはスカリーのものも、モルダーの妹サマンサのものまであった。その倉庫の中で子供のような人影を見る。さらに外にはUFOのようなものが?! だが、そこにタバコ男の軍部が乗り込んでくる。何とか逃れるモルダー達。

 スキナーは、タバコ男を脅迫するも、その後襲ってきた3人組によってあっけなく極秘ファイルを盗まれてしまう。その1人はクレイチャックだった。 だが、そのクレイチャックも暗殺されそうになり、極秘ファイルトと共に逃亡する。タバコ男を脅すクレイチャック。だが、タバコ男は組織にはそのトラブルを報告しない。

 あの医療記録は、1947年に発見されたUFOに乗っていたエイリアンと異種交配し、新種人種を作ろうとした実験の痕跡だったらしい。誘拐された人々は勿論、予防接種だといってほとんどの米国民のDNAサンプルを実験に使っていたらしい。

 結局何事もなかった事にしたいタバコ男は、モルダーとスカリーもまたXファイルに引き戻すのだった。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.