映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S2 #22
S2#22

今回、画面見れない部分が多々あったので、正確な感想がかけるか不安・・・ 虫は・・・勘弁してください。



以下激しいネタバレ

S2#22


 ロバート・トレンス博士は生物研究の為に、コスタリカの森で昆虫採集を行っていた。ある動物の死骸にたかっていたデカい団子虫みたいなのを採取しようとしたら、体液か何かを掛けられてしまう。それが顔に付着すると、そこから出来たのう胞がやがて全身に広がり、死亡してしまう。

 何故かその虫がたかった豚足?が刑務所に届けられた。それを開け放った囚人もまた、体中にのう胞が出来、死亡してしまう。さらに囚人達が同じ伝染病で次々死亡するのだった。
 その中、2人脱獄してしまう。このままだと伝染病が外に拡散する恐れがあった。

そこにモルダー達はスキナーの命令という事で内容も分からず派遣されてしまう。伝染病が蔓延していると気付くスカリーは、対処し始めるが、責任者である医師も同じ病気にかかってしまう。全てはそののう胞の中で増殖していた幼虫のせいだと判明する。感染すると、36時間以内に死亡してしまう。

 さらに、これはピンク製薬という会社の人体実験によるものであることもわかった。その責任の一旦を担っていた医師も死亡してしまう。感染者の遺体は密封され、焼却処分にされてしまう。
 スカリーは陰性。今回のことを告発する為には生き証人である脱走兵を捕らえるようモルダーに進言する。

 脱走兵は自分の家族の元に向かうものの、連れの男はそこで死亡。妻を感染させたものの、モルダー達が踏み込み、妻は保護され、無菌室で監禁される。
 彼らが立ち寄ったガソリンスタンドの店員も感染している疑いがあり、連れ出されてしまう。

 モルダーはこの件を世間に公表しようとするものの、パニックを生み出すだけだとして断られ、結局は隠蔽されることになった。残りの脱走兵も射殺され、証拠はなくなってしまった。

 世間のニュースがやばいものであるならあるだけ事後報告なのはこういう事だよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.