映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S2 #7
S2 #7
今回の話は映画「ブレイド」を思い出したー。血まみれー・・・ひー。


以下激しいネタバレ


S2 #7

 ハリウッドヒルズにある豪邸でお留守番の旦那様、娼婦を買ったかと思いきや、いきなりその娼婦と2人の仲間達から血を吸われ、絶命してしまう。
 この事件はその他にも何件かおきている。
 殺されるのは、決まって3人ずつ。事件現場には決まって被害者の血でヨハネによる福音書の一節が書かれている。
 襲っている相手も一応意味があるようで「父と子と精霊」にちなんだ職の人物らしい。

 同時期、カルフォルニアでは山火事が起きている。(これって必要なエピソード? と思ったら、一応伏線だった)

 モルダーは、血に関連した職場に犯人は潜んでいると踏み捜査すると、案外簡単に犯人発覚。血液保存センターの倉庫でストックの血をすすってた所を逮捕。

 ジョンは自分がドラギュラだと信じている。モルダーが半分ジョークに付き合うとして脅しで日光に当ててみたら、灰となって死亡してしまう。

 日光で焼けどを負う病 ホルヒリン症にしては酷過ぎる状態。

 モルダーはクラブ、テペスへと向かう。そこである女性と出遭う。クリステン。彼女は自らの血をモルダーに与えようとしてモルダーは拒否する。代わりに他の男が彼女と共に連れ立っていった。その先で再びその男は3人のドラキュラの餌食になってしまう。

 クリステンの自宅に潜入するモルダー。オーブンには血入りのパンが用意されている。それはドラキュラ避けとして知られている。他の捜査官達を帰し、1人彼女を待つモルダー。

 彼女は元カレのジョンのDVがエスカレートし、血を舐めあうじゃれあいに発展したが、ジョンはそれだけじゃなく仲間を引き連れてきて彼女も仲間にしようとした。今は逃げ回る日々だという。
 だが、ジョンは死亡したとモルダーから聞き、彼女はモルダーと一夜を共にする。

 だが、翌朝、死んだはずのジョンが復活して襲ってきた。クリステンはモルダーを逃がし、自分はジョンと共に近づいてきた山火事とともに焼身自殺をはかる。

 あれで生き延びてたら、モルダーとお付き合い続いたかもしれないのにねー モルダーも血みどろになってじゃれるといい・・・ おい。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。