映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S2 #4
S2 #4
 なぜか抜けちった。後輩クライチェック君初登場。


以下激しいネタバレ


 
S2#4


 睡眠障害治療の権威、ドクターグリッソムが火事になったと思い込み、死亡する。その現場には、何か意味ありげな笑みを浮かべる黒人の姿があった。
 体には焼死の要因はまるでないものの、脳内は確かに焼死した痕跡が残されていた。

 モルダーはこの事件をスキナーに捜査したいと進言。すると、捜査許可と共に後輩のクライチェックが一緒についてきた。最初は邪魔者として扱っていたモルダーだが、珍しくモルダーを変人扱いしない上に、昔から共感していたといわれ、少しずつ親しみを持ち始める。

 スカリーにも「甘ちゃんだし、スーツのセンスはいまいちだが、頭が柔らかいのがいい」と褒めた。

 家でテレビを見ていた疲弊した男の元に、先程の黒人がやってくる。彼は“牧師”と呼ばれた。その男に聖書の言葉をかけると、その男には焼死したと思われる人々の幻覚が見え、その人物達に射殺される。

 その男の遺体も、傷はないものの、内臓の損傷は確かに射殺されたもののようになっていた。あの黒人は、人に幻覚を見させ、その思い込みで殺害しているらしい。

 その彼らの共通点は、24年前のベトナム戦争にあった。ドクターグリッソム以外は海兵隊で、彼らをより優秀な兵士にするため、睡眠を取り去る実験をしたらしい。軍部の指揮の元、志願兵が彼らだった。
 彼らはこの24年間一睡もせずにきている。その代わり、セロトニンの投薬が必須になる。

 もう1人の生き残り、サムから、その当時の悲惨な事件を告白される。最初は皆働く兵士になったが、そのうち兵士としての自覚は失せ、好き勝手に人を大量に殺すようになったらしい。

 そのあがないを、今牧師と呼ばれていたあの黒人、A・コールがしているらしい。
 
 グリッソムと一緒に実験に協力していたドクタージラルリーも、彼の標的になる。何とか食い止めようとしたもののモルダーも幻覚を見せられてしまい、ジラルリーも殺されてしまう。

 軍がやった無謀な実験のことをコールに証言してもらおうとしたが、クライチャックに幻覚を見せたコールは彼に射殺されて自殺してしまう。

 軍の機密情報は全て盗まれてしまう。

 クライチャックさえも、その軍部のスパイだった。   ・・・残念なような、ある意味嬉しいような・・・。

 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.