映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S2 #3
S2 #3
これはなんか、今でもおこりそーな事件だね。サブミナル効果でみんな知らないうちにコントロールされてたら怖いー


 以下激しいネタバレ


S2#3


 郵便局に勤めていたエドワードは、不景気理由でいきなりリストラにあう。
 その時、いきなり電子処理の電子版に、皆殺しにしろと表示されるようになった。

 他の場所でも、閉所恐怖症の男が、混雑したエレベーターの中で、電子版に「皆殺しにしろ」と表示を見て、錯乱状態で皆を殺す事件が起こる。

 今まで事件ひとつ起きていなかった田舎町で、突如普通の真面目な市民7人が、22人も殺害するという事件がたて続く。
モルダーも呼び出された。
 モルダーはいち早くエレベーターの掲示板を引っかいた後を見つけ、加害者の爪に何かの異物を発見する。それを調査してもらうと、町に散布されている有機化合物の農薬だと分かる。

 郵便局をクビになったエドワードは、今も電子掲示板の指示を何とか逆らおうと必死だったが、スーパーでとうとう指示通りに銃を入手してしまう。

 農薬は無害だと言い張る責任者だが、モルダーは現地に向かい、直接その農薬を浴びて、幻覚を見ることを実感する。

 そのLSDMは、体に取り込んだ人間の恐怖心をあおることがわかった。公表をしない代わりに、農薬散布は辞めると約束させる。
 さらに住民に無料健康診断として血液検査をし、今後幻覚を見て殺人を犯す可能性のある人物を洗い出す。

 そこに引っかかったエドワードだが、時遅し、銃を手にして大学の時計台へ。発砲を始めるものの、モルダーが取り押さえて無事逮捕。

 何者かが薬とサブミナル効果を使って、人間を操っていたことに気付いたものの、その黒幕は分からずじまい。モルダーに「全て完了、バイバイ」と見せて消える。

 政府? エイリアン?

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.