映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S1 #12
S1#12

 うーん、この犯人の人誰だっけ・・・ すっごくよく知ってる人っぽい・・・ 後で調べよう。
調べたー!! スパナチュの悪魔だ!! レバレッジとか、チャックでも悪者だったな。すっごく若~!!!www


以下激しいネタバレ


S1#12


 イギリスの屋敷の主人が使用人達に見送られて出勤していこうとした所、いきなり腕から発火、焼死してしまう。

 犯人は、庭師の男。セシル・ライブリー。

 イギリス警視庁から、モルダーの過去女、フィービー・グリーン刑事がやってくる。昔、彼女に夢中だったモルダーだが、それで痛い目にあった経験あり。今もフィービーを見るとトロンっと骨抜きになるモルダーに、スカリー呆れる。

 モルダー、幼い頃のトラウマで、炎が苦手。それを知っていながら、今回の連続焼死事件に手助けを求めてくるフィービーは、今もモルダーをからかいたい? フィービーは今後も出てくるのか? 屋敷の主人ともちょっといい雰囲気になってたよね? どこまで悪女だよ。

 ライブリーの次の標的は、2人の息子がいるマダム。手が届かない相手に思いを寄せるが、臆病で声がかけられない鬱憤を炎で晴らしているらしい。

 自然発火ではなく、ロケット燃料を何かしらに混入させているらしい。屋敷の運転手が犠牲になった。身代わりに運転手になり代わるライブリーは、ホテルで息子達の部屋にも火をつける。さらに自分で救助し、マダムから英雄として称えられる。

 今回フィービーといちゃついていたモルダーに代わり、スカリーがいい仕事をしていた。ライブリーの素性を調べ上げたのも彼女。

 ライブリーは、幼い頃悪魔教のイケニエとして燃やされ、死亡したことになっていた。だが、その本人が今も渡米してきている。

 犯人の正体が判明し、促進剤を体にかけられたライブリーは、自ら燃え上がっていく。

 モルダーも何とか炎のトラウマを克服できたもよう。

 だが、彼は死なない。驚異的な回復力により、今も病院の減圧室にいた。今後も軍の研究対象になるらしい。

 モルダーは、フィービーに引きずられ気味の自分に終止符を打つ? でも送られてきたカセットを聞けないところを見ると、また心残りがあるらしいな。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。