映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xファイル S1 #11
S1#11

こえーーーーこえーーーーこえーーー・・・ こえーよ。マジでこえーよ。いろんな意味でこえーよ。(しつこい)



以下激しいネタバレ
S1#11


 ある家庭の父親が体の血をほとんど首から抜かれて死亡していた。
そばで遺されていたのは、8才の娘テイナ。

 モルダーは、牧場の牛から性器が綺麗に切り取られていたり、血が抜かれているというUFOの動物実験の仕業かもしれないと予測する。その遺体からは、ジキタリスという麻酔薬が検出された。

 ティナは、赤い光が見えたと証言する。さらに以前から誰かがパパを狙っていたと告げる。

 だが、その後、ティナは何者かに誘拐されてしまう。

 さらに他の場所でも似たような事件が起きる。家庭の父親が血を抜かれて死亡したのだ。その遺族の元に行くと、何とティナとウリ2つの娘シンディがいた。

 不可解な事件の中、モルダーが宿泊していたモーテルの部屋に無言電話がかかってくる。慌ててスカリーを部屋から追い出すモルダー。モルダーとバスケの試合を見ようと例の男が今回の事件の鍵と一緒に現れた。(デートだよね、これ)

 例の男からのヒントのおかげで、2人の娘は今の夫婦の子ではなく、体外受精をする時に病院にいたドクター・サリー・ケンドリツクが身勝手に人体実験をしたケンドリックのクローンだと分かる。

 ほとんどの実験体は精神が触れ、自殺してしまったが、今も実験体として残され監禁されているイヴ7号と8号がいる。

 彼らクローンは56の染色体があり、天才だが、ほとんどが精神に異常をきたしている。

 その後、シンディもさらわれた。

 何とさらったのは、唯一精神異常から立ち直った7号であり、遊び感覚で父親を殺し始めた2人のクローンを説得、教育し直すためだった。だが、2人は7号にも毒を盛り、殺害してしまう。

 さらに、助けに入ったモルダーとスカリーにも毒を盛る。毒の痕跡を発見できたモルダーがあわやの所で2人を逮捕する。

 9号、10号として、イヴ7号と同じ精神病棟に監禁されるティナとシンディの2人。そこに8号が医者としてやってくる。皆その事を予知していた。

 子供の猟奇殺人って怖いよねー・・・ 無垢なだけに怖いよねー・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。