映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S1 #4
これからS9までどうやって盛り上げていくのか・・・ 今はちょっと分からないー。

#4



以下激しいネタバレ

#4

 湖でキャンプをしていた母子に異変が。
娘のルビーが何者かに誘拐されたらしい。だが、警察は元々素行が悪い娘だったとして、ろくな捜査もしなかった。

モルダーは、同じような境遇の母子に共感し、私的に捜査を始める。母親モリスも、昔UFOと遭遇したことがあるらしい。
弟のケビンも、日夜テレビの砂嵐を見ながら、ゼロとイチの数字の羅列を書き連ねるようになってしまった。
キャンピングカーの天井がすすけているのにも目をつけるモルダー。

 上司から、モルダーが私情で捜査をしてるのでは、と指摘され、一応否定してみたスカリーだったが。

 ルビーの知り合いの女、テサから、ルビーはグレッグという男と付き合っていて、妊娠したから街を出ると聞いたと知らされる。

 一時は彼女の家出とされた。さらにケビンが書き連ねていた数字は、何とスパイ衛星の断片だったとして、NSAから目をつけられる。

 あらぬ嫌疑をケビンにもかけられたモリスから、もう2度と近づかないでといわれたものの、モルダーはあきらめない。キャンプ場へと向かうと、白い狼に誘われるように森へ。そこにはグレッグの死体があった。

 嫉妬に駆られたテサに嫌疑がかけられるものの、ルビーの件に関しては知らないと言い張るテサを信じるモルダー。
 ケビンは、UFOとの通信の電波塔代わりに使われていただけだという。

 さらに捜査を続けようとするモルダーに、スカリーは、ルビーはモルダーの妹サマンサとは違うと忠告するものの、1人でも捜査を続けると言い張るモルダー。モリスの自宅へ。
 だがそこには母子の姿はなく、床には暗号文が敷き詰められていた。それを上から見ると、ルビーの顔が描かれていることに気付く。

 モルダーの予想で、キャンプ場へと向かう2人。モリスとケビンが森へと入っていく姿を追う。光の方向には、バイカー軍団の姿が。だが、ケビンは姉ルビーが戻ってきたと告げ、皆を案内する。
 森には、衰弱し気絶したルビーの姿が。

 彼女の症状は、長い間無重力状態に置かれた人と同じだという。

 入院したルビーと、ケビンに尋問しようとするモルダーだが、これ以上変人扱いされたくないとして、母モリスから止められてしまう。

 妹を宇宙人に連れていかれた8才のころの記憶を催眠療法でよみがえらせるモルダーの記録を聞くスカリー。

 体は動かなかったが、頭に声が響いてきたという。“サマンサに危害は加えない。いずれ必ず返す”と。

 モルダーは、妹の写真を手にして、教会で1人泣く。


 バイカー軍団の意味あった? 下手すりゃ彼らがルビーを誘拐して・・・ってオチになるのかとも思ったよ。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.