映画と海外ドラマ等感想

Xファイル S1 #2
半端なく変則的な放映のせいで、いきなり出鼻をくじかれてるんだが・・・ なんか余計に燃える・・・ 天性の天邪鬼。のんびりやりまさー。

#2


以下激しいネタバレ


#2


 エレンズ空軍基地。50年前に落下したUFOを回収した基地で、マニアでは有名だが、地図には載っていない。

 その基地があるアイダホの軍人の妻からFBIに捜索依頼がきた。ロバート・ブタハスは、エリート空軍テストパイロットだったが、2年前から精神に異常をきたし、いきなり行方不明になった。
 妻は軍が夫を誘拐したと予測している。

 モルダーの調べてでは、他にも6人ものパイロットが行方不明になっているらしい。行方不明ではないが、過度のストレスにより、精神がおかしくなっている軍人も軍からの保障をうけながら暮らしている。

 相変わらずスカリーは疑心暗鬼。モルダーに引きずられるようにしてアイダホへ。
 だが、そのモルダーに謎の男が近づく。「この件から手を引かないと危険だ」 電話も盗聴されていた。

 それでもモルダーはそのことをスカリーには内緒で調査を進める。だが、翌日にはロバートが記憶の一部をなくして戻ってきた。

 明らかに軍が何かを隠蔽しようとしているとして、モルダーは地元のUFO情報に詳しい店で情報収集。店の女主人が撮影したというUFOの写真も入手。さらに基地周辺でらりっていたカップルから、基地の情報を入手していると、ヘリに追われる。スカリーもUFOとみられる機体を見たが、軍の機密戦闘機だろうと判断。

 だが、その後サングラスの謎の集団に囲まれ、資料の全てを消去されてしまう。スカリーはもう戻ろうと説得。
 だが、モルダーはあきらめず、あのカップルから聞いた、UFOが格納されていると噂される倉庫へと向かう為、単身で基地に侵入。UFOに類似した飛行物体が飛来しているのを確認する。

 だが、拉致され、記憶を消去されてしまう。

 地元の記者と名乗って近づいてきたポールは、実は軍関係者で、スカリーを脅してくるが、逆にスカリーは銃で脅し、モルダーを救出する。モルダーは、軍人達が格納庫の中でUFOを整備しているのを見ているが、その記憶も消されてしまった。

 再びモルダーに接触してきた謎の男は「地球外生命体は大昔からいるよ」と断言する。

 ここまでのことがあったし、経験もしたのに、スカリーはこの件をシャットアウト。一応モルダーが予測を立てた件もレポートに加えているからまだマシとはいえ・・・ 頭が固い。何でもかんでもXファイルとしてしまいこんでないか? っとちょっと疑問に思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.