映画と海外ドラマ等感想

THE KILLING
S3 #7~10
まとめちゃって申し訳ないっ><
今シーズンもあっちゃこっちゃを疑わせてくれたよな・・・


いか激しいネタバレ
S3 #7

 犯人にまんまと閉じ込められちゃったルンドとボーク。この犯人にはいつも先をいかれてるよね。まぁ実際の事件もそうなんだろうけどさ。

 だが、サラもただじゃ逃がさない。しっかり手傷を負わせる。ボークにもまた色濃く嫌疑がかかる。ボークってより、どうやら情報局が怪しい。これだからお役所仕事は・・・

 ローザを突き放す首相かっちょいい。色仕掛け受けておきながらすっぱり切る姿がイイw 首相の座を狙っていた財務大臣もスッパリ切るしね♪ 

 今回ブリックスは徹底してルンドの味方だね♪ そのせいかちょっと影が薄い。

 ルイーセと会った事があったウシングにも嫌疑がかかる。いかにもこいつは噛ませ犬って感じだけどな。

 切羽詰まったローバト達は懸賞金を掛けちゃう。混乱しか招かないんだけどね。でもこれで犯人が釣れたわけだし、無駄じゃなかった?

  犯人が先に発見したノートに書かれた車のNOは何と首相のものっ? 持ち上げておいて叩き落とすの巧いよなー。



#8


  今回イラっとしたのは、首相の警備員。首相に危機が迫ってるかもしれないのに、何だあの体たらくな態度は。犯人はまんまと作業員として中に入り込んでしまう・・・ 首相の公用車の記録を盗み出した! っと思ったら、何と盗んだのは首相の弟のクリストファーだったー。いやーこれはかなり意外でしたな。

 全ては首相の体裁の為。車を使ったのは、何と息子のベンヤミンだった。今度はベンヤミンに色濃く嫌疑がかかる。何かを見て、首相は自分を許さないだろうと思い詰めていた。

 その傍ら、ボークの奥さん、浮気相手のルンドに詰め寄る。うーん、これは面倒。

 さらに、子供が書いたメモ、SじゃなくZだったってオチ。それもそうすると、該当する車が変わってくる。何とシーランド社の公用車で、ローバトの秘書、ラインハートのものだった。

 ちゃっかり、目撃者を装ってローバトの元に懸賞金を申し出てきた犯人も、それに気付いて向かったらしい。サラは、そのラインハートの机にある写真にルイーセの姿を発見してびっくり。ラインハートはすっとぼけるが・・・

 犯人、ラインハートを誘拐。追ったサラも犯人に拉致られてしまう。



#9

 犯人は、ラインハートを拷問、白状させようとするが、それをサラが止める。犯人とうとう逮捕。

 だが、犯人は娘ルイーセを殺した犯人を逮捕するまでは、イミーレの居場所は教えないという。イミーレはコンテナに入れられ、さらに空気が48Hしかもたないという。焦るサラ達。
 そんな中、ローバトは銃を持ち出す。

 嫌疑はラインハートと、首相の息子、ベンヤミンに絞られてくる。ラインハートは何ともおどおどして犯人っぽくない・・・ アリバイのホテルのカードキーも出てくる。 

 首相は独自にベンヤミンの友達に接触。その情報で、彼の隠れ家を発見。そのデータの中には、何とラインハートにお金を渡しているカーンの姿がっ。今度はカーンに嫌疑がっ?!



#10


 カーンはただの資金補充の為にラインハートに遭っていただけだった。

 ベンヤミンが持っていた情報は、誰かに消された可能性が高い。その理由を知っていたのも、情報局だった。何とベンヤミンの隠れ家に乗り込んだ情報局から逃れる為、ベンヤミンは電車に飛び出してしまったのだ。自殺じゃなく、事故だった。ここが1番衝撃的かなー。もっと怒れっ首相!っと思ったぞ。

 そしてその情報局が隠したがった画像とは・・・ ラインハートがルイーセを車に乗せている決定的なものだった。

 だが・・・ 警察側では硬いアリバイが成立しているラインハートは釈放となっていた。

 この事実を警察に言うべきと説得するカーン。でも首相は・・・その息子への気持ちより、やはり保身が大事だったか・・・ 最後ちょっと愕然・・・ カーンは・・・今後どうするだろう・・・

 犯人はサラとなら、イミーレの場所を教えてもいいと言い出し、皆を連れ出す。それに便乗したローバトは・・・誤って犯人を射殺してしまう。
 死に際、犯人の口から漏れた言葉は『メディア』・・・ やはり振り出しに戻ったよー。

 ヨンガに改めて調べさせた船の奥に、イミーレの姿が! いやー・・・死んでなくてよかった。

 犯人が死に、ルイーセの事件は結局うやむやに終わりそうだった中、サラは疑惑をラインハートと2人切りになった時に訊いてみる。

 ホテルのカードキーがアリバイ工作だったと知ったのはサラだけ。(こんなこと、警察も調べればすぐにわかるだろー・・・)
 とうとうラインハートは常習犯だと自白する。そして「私は逮捕できませんよ」と含み笑い。サラは、彼を射殺する。野放しにされるより、すっきりしたけどな・・・

 これから2人で生活を始めようとしていたボークは、サラの行為を嘆き、逃亡することを勧める。そしてサラはその通りにした。飛行機の中、息子マイクに生まれた赤ん坊の写真を見てから、携帯の電池を抜くのだった。

 ローバトも、ラインハートのアリバイを作った事をシーランド社の重役から聞かされるが、家族の生活の為にも口を閉ざす事にしてしまう。

 愕然・・・

 ・・・ いやー・・・でもやはり面白かったよっキリング! 次を早く見たくなるドラマって最近あんまりない気がするからー。

 そのうち復活して欲しいなー・・・ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.