映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NCIS S10
S10 #19・20
NCISのメンバーは、みんな父親といろいろあるね。なんで母親じゃないんだ?



 以下激しいネタバレ


S10#19


 嵐の中の空母の甲板で、ドクターをしていたヘイバー中佐の遺体が発見される。
 彼は首に注射針の痕があり、殺害された事が分かる。
 空母は閉鎖される。

 それを捜査していたのは、久々登場スタン・バーリー! ギブスの元部下。彼は婚約したらしい♪

 その空母に乗っていたのは、マクギー大将。マクギーの父親だった。久々の再会らしい。マクギー大将は、マクギーの母親を、共産主義寄りのヒッピーと卑下している。同じように息子の事も軽く見ているらしい。

 マクギーはアダムという少年の相談役をボランティアでしていた。その為に仕事に遅刻してくる。

 空母の部下達は、何か知っているものの内緒にしている。誰かを庇っているらしい?

 衛生兵グレイヴィスのクスリ売買などが明るみに出るが、彼が盗んだ医務室入室記録の入ったタブレットの署名はニューボルト。マクギー大将が好きな詩人だった。

 何故秘密裏にクスリを入手していたのかといえば、マクギー大将はガンの末期だった。それを外部に知られると退役しなければならない。そのせいで殺した? との嫌疑がかけられるものの、彼はシロ。

 だが、彼が退役になると困る人物がもう1人いた。側近のメイン大尉。マクギー大将から告白するように言われ、従うメイン大尉。

 マクギー大将は、マクギーと久々に会話をする。マクギーにその勇気をくれたのは、メンバー達からのアドバイスだった。

 局長の椅子に座ったトニーのはしゃぎぶりが楽しかったw


#20


軍の任務から自宅へ帰宅するキャリー。だが、自宅は荒らされており、血痕の痕が。そして夫のノアは誘拐されたらしい。ゴミ箱には、ノアの切断された指が落ちていた。

 ジヴァの最近の動向、遅刻を真剣に気にしているトニー。何かしているはずだと疑惑を抱く。それも父親を殺害したボドナーの関係だと予想する。だが、マクギーは考え過ぎだと流す。

 だが、その動きは既にギブスも、レオンにも伝わっており、彼らは初代NCIS局長トムの元にアドバイスをもらいに行っていたw 局長久々ー!! やはり渋い~www 今はNSAにいる。

 ボトナーはローマにいるらしい。

 ダッキーに、少し邪険に扱われたパーマー君は「もっと成長したい」と主張し、検視だけではなく、ダッキーが手がけている心理分析の手伝いもするようになった。(ここのパーマー君の懇願は、まるで今の出演数の事を言っている気になったよw)

 今回の誘拐には、ノアの莫大な遺産が絡んでいる事が分かってくる。それを使うには、妻キャリーの署名が必要。

 犯人はその遺産が目当て? 

 だが、アビーが現場の状態からこれが狂言だと見抜く。犯人は夫のノアと、愛人の女レベッカだった。

 疑心暗鬼になっているトニーに、ジヴァを捜査する事を許すギブス。ジヴァを追跡したトニーがたどり着いたのは、ある一室。そこにはマクギーの姿も。彼らは独自にボトナーを追っていたのだ。

 トニーはギブスにも言うべきだと助言した。だが、告白しようとしたジヴァに、ギブスは「もう知っていた。奴はローマだ」と言ってくれる。さすがw

1人蚊帳の外だったトニー・・・後で拗ねそうだ笑

 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。