映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NCIS S10
S10#17・18
副局長に負けてなるかと、レオン復活w さらにゲイのドーニゲット君も久々登場!



以下激しいネタバレ



S10#17



 まるでヒッチコックの「サイコ」のような冒頭の殺人シーン。
 シリアルキラー「スラッシャー」の仕業のようだ。

 その事件がマスコミを賑わす中、ギブスは馴染みの散髪屋へ。海兵スタイルに切ってもらってる時、床屋の主人から極秘に依頼を受ける。
 「スラッシャー」が息子アレクサンダーじゃないかと疑っているらしい。前科もあり、似顔絵も似ている。

 元軍人で、今は仕事もなくふらふらしているせい。犯罪があった日に、何処で何をしているのか不審がっていた。

 ギブスは匿名で捜査を始めるが、地元のシャード刑事との摩擦から、次第に事は公に。父親が疑っているとアレクサンダーにも知れ、親子は絶縁の危機。

 レオン、アビーちゃんの同情の眼差しと行動が苦手らしい。気疲れしている。ジヴァも同様らしい。

 ドーニゲット君、トニーとギブスとは別の捜査に同行。新米捜査官が受ける試験が近々復活するとのトニーの情報に、必死で勉強を始めるドーニゲット君だが、本当は嘘>< それを聞いたレオンが、2人でトニーを騙す。
 今回の出張費は認めない上、過去2年分の見直しもされるという。(レオン、二の線頑張るのかなw)
 
 張り込みの途中でゲイパートナーと間違えられる2人(笑) でもドーニゲット君はギブス狙い? 髪を切ったギブスに「素敵な髪ですねw」笑

 結局真犯人は別にいた。レオ・ウィンクラー。だが、彼は既に3年前に事故で死亡していた。

 今回のは模倣犯らしい。彼の手口から、過去シャード刑事が捜査資料を渡した唯一の人物、記者のクローリーだと判明した。「スラッシャー」と命名したのも彼で、金に困り、クビが危うい中、再起をはかるための話題つくりで模倣したらしい。犠牲者は気の毒だ><

 ギブスは、アレクサンダーに父親は1人しかいないと助言。和解させる。ギブスも久々にギブスパパに電話w



#18


 海兵隊の、地雷探知犬のデックスのハンドラーであるテッド・レミアが、何者かに射殺された。地元の子供を地雷から救った直後で、基地は騒然。相手は戦争相手だと報告された。

 だが、テッドの妻、ルビーがテッドから意味深なビデオレターを受け取っていた。彼は何かを告発する気だったらしい。
 そのせいで暗殺された可能性もある?

 遺体から銃弾の破片が発見される。それは、米国のものと判明する。きな臭くなってきた。さらに、後日妻ルビーの元に、高価なペンダントが送られてくる。それは、アフガンから亡命したジュナガ家の紋章が入った純金、エメラルドのハメられたものだった。テッドのものではないようだが?

 以前テッドと喧嘩した事がある元ハンドラーのピットを訪問するマクギーとトニー。だが、ドーベルマンをけしかけられて、辛くも車に逃げ込む。彼を逮捕した。
 だが、彼は軍にテッドとデックスを推薦したという。犬の調教のやり方には違いがあったが、腕は買っていた。

 奥さんとデックスを自宅に送り届けるギブス。だが、何者かがそこに侵入してきていた。デックスが犯人の服を食いちぎる。犯人は、ペンダントを盗みに来たらしい。

 食いちぎった服から、犯人はピットの所の甥っ子だと判明。彼にはアフガニスタンから密輸する共犯がいるらしい。

 マクギーと、デックスと共に犯行現場であるアフガニスタンへと飛ぶギブス。地元の兵士達と交流し、狙撃された場面を確認する。

 山から狙撃されたとして、その場にいた男を射殺していたが、ギブスはそれは木霊であり、犯人は基地から撃っている事が分かった。

 目撃情報が誤っている事から、目撃者である元狙撃手のヴァージルに狙いをつけるギブス。ヴァージルが銃を取り出し、デックスが襲いかかる。ヴァージルはデックスを撃ってしまう。ギブスはヴァージルを射殺した。

 本国でテッドの葬儀が行われる。悲しみにくれる妻ルビー。そこに治療を受けたデックスが。(ほっ)彼は勲章を授与された上、退役になるという。

 トニーが「犬を飼いたくなりました」と言うと、ギブスは「犬じゃない。海兵だ」かっちょいいw

 

 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。