映画と海外ドラマ等感想

チャック S5
S5 #11・12

 なんちゃって日本ってわけじゃないみたいだけど・・・www
 #12はひたすらちょっとつらい・・・


以下激しいネタバレ
#11


 チャックがクイーンにさらわれ、なぜか日本に移送される。そして新幹線へ。
 インターセクトを入れちゃったサラと、ケイシーが助けに来る。
 一時は形勢逆転で新幹線を満喫する2人。

 だが、見事なアクションを演じるサラにも、インターセクトの副作用が襲う。記憶がどんどん失われているようだ。

 エリーに応急処置を教えてもらい、目隠しをしてそれ以上発動しないようにする。

 人質に取られたアレックスを救ったのは、モーガンとデヴォン・・・と思いきや、失敗した二人に代わり、なんとレスターとジェフが助け舟になった。とうとう2人にも、彼らがスパイだとバレる。
 案外役にたったねw

 全てが終わったかと思ったが、始末したと思ったクイーンが生きていた。追跡するサラ。だが麻酔銃を撃たれ、チャック達と引き離されてしまう。今度はサラが拉致られてしまった。

 サラの記憶を抹消し、新しく自分の為に働くように記憶を入れ替えてしまうクイーン。



#12
 

 サラに、ブライス達を殺したのはチャックのチームだと洗脳したクイーン。サラは、チャック達を暗殺しに戻る。
 夫婦として演じながら、インターセクトのサングラスを探すサラ。(冷たい表情のサラが怖いぐらい)

 やはりチャックも少しずつサラの異変に気付き始める。

 チャックはインターセクトを破壊する決意をする。CIAに潜入し、ウィルスを仕込む計画を立てる。

 サラもそれに便乗し、インターセクトをコピーする。だが、先にサラの行動に疑問を抱いていたチャックが、摩り替えておいた。
 だがサラは、さらにチャック、モーガン、ケイシーを閉じ込めてしまうのだった。爆破は何とか思いとどまったものの、クイーンが破壊してしまう。

 床下に隠れて何とか爆破を逃れた3人。サラは別人として責任を取らせるべきだと訴えるケイシーとモーガン。
 将軍も手を貸してくれる。
 
 だが、サラはエリーを人質として、チャックを呼び出した。だが、エリーはチャックを守る為に、自ら事故を起こして計画を打破する。

 チャックは単身でサラを拉致し、2人で購入しようとしていた新居で説得を試みるものの、サラと乱闘になる。その時、柱に2人で彫った名前を発見し、一瞬記憶を取り戻しそうになるサラ。そこにクイーンが。洗脳の事実を認め、サラを射殺しようとする。庇うチャックが撃たれてしまう。一応防弾チョッキ着てたw
 サラは戸惑いながらも逃げてしまう。

 ケイシーが密かにサラに会いに行き、過去のビデオ日記を記録しているDVDを渡してくれる。そこには日々チャックに惹かれていくサラの姿がいた。

 チャックに会いに来るサラ。今までのことを謝罪に来る。だが、まるで実感がないという。これからニコール暗殺に出向くという。そして「さようなら」と告げて去っていくサラ。

 過去を知りつつ、やはり元には戻れないと決めたサラと、諦めるチャックにTT

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.