映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAWAII FIVE-0 S3
S3#21・22
#21は大事なエピをこんな風に紹介しちゃうのはもったいない気がした・・・
#22はクリマイみたいな始まりと内容とゲスト俳優さん達だった。


以下激しいネタバレ


S3#21


 「サヴァンナウォーカーショー」というテレビ番組に特集される事になったファイブオー。

 密着取材される事にメンバーはみんな迷惑そう。その中唯一のりのりなのはマックス。撮影の為におしゃれしたり、隠しカメラに協力したり・・・ でも、被害者側からしたらちょっとマナー違反な気がする。

 手首を切断された遺体が発見される。肌もタトゥーを隠す為に削ぎ取られていた。その撮影カメラに丁度映ったのは、警官の変装をしたウォー・ファットだった。これは彼の犯行?! すぐにスティーヴが気付いて追いかけるものの、逃亡される。

 メンバーそれぞれにインタビューをするが、チンはマリアの事を聞かれて鎮痛な面持ち。

 笑えたのはキャサリン。棒立ちでスティーヴの事を誤魔化す姿がかわいかった。

 スティーヴの事を「仕切り屋」ダニーの事を「優柔不断」と罵りあう二人も放映される。 


 剥ぎ取られたイレズミには、ハワイの古代の女神カラワヒネが彫られていた。それは地図を表していた。

 殺された男の本名はゲーリー・レイ・パーシー。元DCの造幣局の職員だった。彼は原版を盗んでいた。

 ロシアマフィアも、ウォー・ファットもそれが狙いらしい。

 ヘリで逃げ出すウォー・ファットを撃墜。重症を負い、病院に収容される彼を見詰めるスティーヴ。

 面白かったけど、ばたばたした中のウォー・ファット逮捕。ちょっともったいなかったかな・・・



 #22 


 監禁されている女の子、そこに小さな女の子が連れて来られる。

 後日、最初に監禁されていた女の子の遺体が発見される。背中から射殺されていた。彼女はアマンダ・モリス。10年も行方不明だった。彼女の足には長いこと鎖で繋がれていた痕があった。

 さらに彼女の体には幼い子の毛髪が付着していた。6才のエラ・ビショップ。彼女も新しく誘拐されたらしい。

 
 コノは最近連絡の取れないアダムの身を心配していた。自宅に入り込むと、そこに丁度銃を所持した男等が。
 彼らはアダムが「サトウ」に会いに行ったと漏らす。

 キャサリンに極秘に「サトウ」を調べてもらうと、ヤクザだと分かる。さらに、大阪でアダムの姿が防犯カメラに映っていた。


 エラが誘拐された日に近所をうろ付いていた車を確認。バイカー軍団も協力してくれて、バンを発見するものの、それはただのドロボーのものだった。(クリマイやあちこちで見る犯人さん)

 チンが改めて道路の防犯カメラを確認していると、青いセダンが目に留まる。所有者はヘレン・カンテーラ。彼女の自宅に行くと、彼女は自殺してしまう。そこには大量の金と、いろんな職業の制服のコスプレが。彼女は誘拐の常習犯で、人身売買をしていたらしい。

 ベケット夫妻の子供として名義変更させられていた。(ここの夫婦の妻役の人もクリマイのゲストさん)アマンダ・モリスも子供手当て500ドルの為だけに監禁されていたらしい。手当ては18歳で打ち切られる為、用なしになった彼女を殺したのだ。

 責められても口を割ろうとしない男に、ダニーがぶち切れる。その間バッチと銃をスティーヴが預かり、個人的な拷問を許す。

 エラは森に埋められた箱の中に監禁されていた。無事でよかったね。

 10年間監禁され続けたアマンダの日記が両親の元に渡される。監禁され続けても希望を捨てていなかった彼女に涙・・・

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。