映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NCIS S10
S10#12(前まで#11書いてました。すみません)
ドラマとはいえ、あそこの溝は埋められないらしい・・・


 以下激しいネタバレ




S10#12



 ジヴァの過去の姿が出てくる。父親を偲んで復讐に燃えるジヴァ。

 海軍長官は自分にもオフレコだった事にご立腹。ギブスに愚痴る。

 ようやく本当にギブスの気持ちが分かったというレオン。復讐しか考えられない。
 暫くの間、レオン局長は休職。代理として少しおどけた雰囲気の副局長ジェロームが就任する。


 犯人はスウェーデン人で傭兵のエイムズだと分かる。彼は検視結果で肝臓ガンの末期だったことが分かった。
 彼の遺族に報酬を支払った相手が真の犯人。

 ギブスは最初イランのカズミを疑うが、彼はイーライの死亡さえ知らず、ショックを受けていた。そして彼らが進めようとしていた和平をよく思っていない連中の仕業だと訴える。だが、彼が犯人と思われる人物の資料を提出したはずが、彼の資料の中には容疑者の名前がわざと外されていた。それも真犯人のハッキングのせいだと分かる。

 モサドから副局長のボトナーがやってくる。政府が全てNCISにゆだねるとした事に立腹する。

 ボトナーは痛みを共有しようとトニーの家に隠れているジヴァを呼び出そうとするが、その後傭兵達に支払われていた金の元がボトナーだと発覚。ボトナーは逃亡してしまう。
 彼は局長イーライの後釜を狙っていたのだ。

 その後、カズミも車ごと爆死させられてしまう。2人だけで画策していた平和条約はこれで白紙になってしまった。

 アメリカではレオンの妻の、そしてイスラエルではジヴァの父イーライの葬式が行われた。

 (トニーに見送られるジヴァにちょっとどきどきしちゃったよ。飛行機が無事でよかった・・・)

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。