映画と海外ドラマ等感想

HAWAII FIVE-0 S3
S3#17
会社の社員旅行がサバイバルゲームってあっちならではって感じ。



以下激しいネタバレ
S3#17




 ある会社の幹部が社員旅行でサバイバルゲームで遊んでいた中、スコット・デイヴィスが実弾で頭を撃たれて死亡していた。

 遊んでいた皆には、それぞれアクションカメラが付けられていたが、そこに紛れ込んでいる犯人が映っていた。

 ダニーとスティーヴは、一緒にスーパーボール観戦を楽しむらしい。いい席をカマコナに依頼して取ってもらった。なぜか3枚。当然のように手数料としてカマコナの分も入っていた。
 (それにしたって・・・ 3枚入ってたらキャサリンは思いつかなかったんか? すぐに2枚でいいって捨てちゃんスティーヴ><)

 後々キャサリンがスティーヴを誘ってきたのを蹴ってまで、ダニーと行くんだよな。キャサリンは「かわいい」と余裕のお返事Wさすが!!

 スコットに恨みを抱いていたブレント・マーサーは、その日サバイバルゲームを欠席していた。だが、彼にはアリバイがある。その彼を心配して会社のCEOレディングがファイブオーに来訪してくる。
 彼が犯人であるわけがないと庇う。

 検視の結果、スコットは催眠剤を飲まされていたらしい。彼は昨夜バーで女性と会っていたらしい。

 その女性の名前はホリー。スティーヴの父親常連のバーで、そこの歌い手をしているザ・キッドの助けを借りて、彼女が詐欺師だとわかる。

 ホリーは誰かに頼まれスコットを狙ったらしい。ホリーの携帯を追跡すると、ホテルの警備室へ。ホリーは男と揉め事を起こしていた。
 その男から救出したのは、スーパーボールのアリアン・フォスター。

 彼に尋問しに行くスティーヴとダニーだが、ダニーはペイトン・マニングに会いたくて仕方ないW
 さらにゲームの関係の文句を告げて、本人にも、スティーヴにも呆れられる。

 フォスターの指に残っていた犯人のDNAからティモシー・クロスが浮かぶ。彼は自らデイヴィスの名を語り、墓穴を掘った。相手は知らないが、大物の依頼人がいるという。彼らが狙っていたのは、スコットが持っていた情報だった。
 
 ホリーの本名がラナ・サリヴァンだと分かる。そこには妹のベスがいた。ホリーはスコットの情報を買い手に売りさばきに行ったらしい。

 その相手とは、アリバイ工作していたCEOのレディングだった。会社に不利な情報をスコットが握っていたから消したらしい。

 彼を追跡するため、エスカレーターを飛び越えて転倒するスティーヴ。肩を脱臼したっぽい。そのまま病院へ。
 楽しみにしていた試合を断念し、ダニーもスティーヴに付き添う。

 チケットはマックスと、カマコナのいとこに譲っていた。キャサリンも、コノと一緒。チンもいた。

 スティーヴはキャサリンのコネを使って、ダニーをスタジアムに入れてくれる。さらに、マニングからサインボールもゲットしてきてくれた。
 彼を褒めるキャサリンに、ダニーは喜ぶ。その2人に「嫉妬するべきか?」笑。

 そのボールを使ってゲームを楽しむ二人。だが、スティーヴの傷はまた再発したらしい笑


 
 
 
 
 
 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.