映画と海外ドラマ等感想

HAWAII FIVE-0 S3
S3#15
ロボコップがゲスト!! 両腕が義手って・・・


以下激しいネタバレ






S3#15



 警官キオキが射殺された。落ちていた薬莢には、キオキのサインが彫られていた。警官が狙われ、殺された事に気分が落ち込み気味のスティーヴ。

 だがさらに、銃を乱射して騒ぐ男。その間に、別の男が警官オオカラを射殺していた。また薬莢には彼の名前が刻まれている。そのOの文字はかなりクセ字だった。

 薬莢の指紋は取れなかった。だが、特別な薬莢という事で、それを売っている銃砲店へ。ダニーはここを自分の部屋にするといいとスティーヴをからかい、店長にも嫌味たっぷり。
 
 そこを襲撃される。咄嗟に気付いたスティーヴのおかげで難は逃れた。スティーヴ達を狙った場所では、塗装業者が殺されていた。

 車で逃走した犯人を追い、犯人は海に落下した。

 引き上げた車の中から、義手が発見される。それでスティーヴには覚えのある人物がいた。

 20年前、スティーヴの父親が銀号強盗の襲撃を取り押さえ、その時に両手を無くした男がいたという。

 その登録ナンバーから犯人の名前が分かった。スティーヴの記憶通り、やはりカート・ストーナー。

 彼の住所は私書箱だけ。管理人は非協力的だったが、大量の顧客リストの中からOのクセ字の住人を探しあてた。

 彼の自宅に向かうと「次のターゲット」を示唆する手紙が。指示通りにメモを見ると「親の償いをしろ」と書かれたメモ。窓から銃撃に合う。それを何とか逃れるスティーヴ。

 犯人の射殺はコノに任せ、飛び出していくスティーヴ。その援助をするダニー。見事に射殺するコノ!

 ダニーの身を投げ出した援助に、スティーヴは喜ぶ。だがダニーは「お前の心配なんかしていたら身がもたない」確かに。

 落ちていた薬莢には「ステイーヴ」の名が刻まれていた。

 殺された警官二人、そして父親の幻覚を見るスティーヴ。(本当は感動場面だけど、ちょっと心配になっちゃったよ汗)

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.