映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタリスト S4
S4#5
ヴァンペルトの強気な姿はなかなか勇ましくイイかも。折角ボス新しくなったのに、今回チラリとも出てこず><


以下激しいネタバレ


S4#5



 カリフォルニア沖サンフェリックス島の海辺に女性の遺体が流れついていた。被害者はタリア・スワレス。

 島の住人は、本土から流れてきたものだと言うが、ジェーンが流木で確認した潮の流れから、やはり島で殺され、遺棄されたことが分かる。

 島の住人に、少しずつ嘘の噂を吹き込んでいく様は見事。(この人、国を栄えさせも出来るし、滅ぼす事も容易い気がする・・・汗)

 第一発見者は島に珍しい蝶の観察をしに来ているウィリアム・ガーディナー。

 この島のほとんどを所有しているのは、牧場主のジェイド・スタック。彼の牧場には本土を嫌う使用人ホイットがいる。左腕に怪我をしていた。

 タリアは元々施設出で、里親を転々とし、グループ生活をしていたらしい。その事を調べてくれた福祉局の女性があまりに態度が悪く、ヴァンペルトはキレてコーヒーをわざとこぼす。

 そのグループ仲間のデニス・ケーガンと間際まで連絡を取り合っていた。彼を逮捕する時にも、殴られ、咄嗟に乱暴になるヴァンペルト。福祉局の女性からの苦情に引き続いたせいで、リズボンからメンタル面を心配される。

 デニスを尋問すると、タリアは父親を惨殺した犯人エドワード・フィッシュを追っていた事が分かる。

 そのデニスの弁護士として来訪したのはサラ・ハリガン。以前出てきた女性。今はリグスビーと恋仲。

 タリアのメモには、サンフェリックス漁業の文字が。そこにはジャック・ラフルア(PBのベリック。てっきり彼が犯人かと笑)がいた。彼は自分の桟橋を新しくし、観光船を呼び込もうと計画していた。その秘密の計画を島民にバラして一騒動を起こすジェーン。

 皆が集まる中、手にしたコップを回収し、指紋を採取する。その場から逃げ出したのは、ガーディナーだった。

 だが、確かにエドワード・フィッシュはガーディナーで、タリアの父親を殺したのは彼だが、今回タリアをレイプ殺害したのは、別の人物だった。

 使用人、ホイット。(ジェーンの引っ掛けとはいえ、簡単だったね)
 
 リグスビーは彼の気持ちが分かるという。殺したいという欲求を抑える為にこの島に逃げてきていたらしい。

 彼を酷く罵るヴァンペルト。でもそれは演技だった。

 ジェーンは島の慣わしに習い、タリアの為に海に花をささげるのだった。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。