映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトカラー S4
S4#7・8
HDDを新しくして初の放映。その前まで全部消えたTT 
モジーのUSBかなりキモい!


以下激しいネタバレ
S4#7


 ニール、エレンの事件の関係を、ニールの父親の事も知ってるサムに聞く。だが、ニールがFBIと仕事をしているという事でまるで信用してもらえない。
 サムは、エレンが30年集めた資料をニールが持ってると思ってたらしい。資料はどこに?
 その裏の組織はFBIやもっと上にもいるとの事。30年隠れていたエレンが、FBIに身元がバレた途端に殺されたのがその証拠というが。

 今回ピーターは、デランシーの裁判で証言をする。その練習を連邦検事補のジョシュと嬉々としてやってる。

 ニールもデランシーの捜査には潜入していたから、協力できるが、証人にはなれないといわれてしまう。

 デランシーのフィクサーをしているランドン・シェパード女史は、かなりのやり手。今回の裁判でも、ジョシュをデランシーの恋人に誘惑され、その証拠の写真で脅してきた。

 裁判が失敗。下手をすればデランシーは無罪放免になってしまう。

 そこで計画を立てるニール。シェパードのお得意様には、サラがいた。サラからの依頼なら断らないとして、サラのしつこい元恋人役をニールが買って出て、シェパードの脅しの現場を押さえようとするが、本当にモジーの盗みの証拠(サムが利用した車の資料)を 手にされて、言いなりになるしかないニール。

 さらに計画を立て直し、元恋人に脅されていたという写真の浮気相手をピーターにし、それをわざわざデランシーに教えてピーターの弱みを握らせる。だが、相手がお得意様のサラという事でデランシーと、シェパードの仲たがいをさせるというもの。

 だが問題は、ピーターとサラの浮気現場の写真をどうするか。ニールとピーターで、しどろもどろでエリザベスとサラに説明する。
 
 浮気写真にたどたどしいサラとピーターを、カメラマンのように炊きつけるニールとエリザベスに笑った!

 さらにモジーの協力でシェパードがターゲットの弱みの証拠品を倉庫に隠している事を確認。そこを水浸しにして自ら証拠を運び出させる。

 モジーの盗みの証拠もついでに取り出し、デランシーの犯行の証拠であるベンゼンも確保。シェパードを逮捕する。
 最後は法廷で念願の証言をするニール。

 シェパードは、法の担い手なのにこんな手を使ったピーターに嫌味を言う。ちょっと反省するピーター。

 今回モジーが使ってた赤ちゃんUSBがかなりグロい>< 手首とか首ちょんぱはやめれっ!!

 ニール、とうとうサムとFBI抜きで捜査をする事を決意する。その姿を遠目からピーターが監視してる。

  
#8

  
 アレックス久々の登場。ドイツの略奪品をニール達に盗まれた彼女はいったい何処にいたかと思えば・・・
 ギリシャ彫刻を大量に盗んで刑務所に入っていた。既に釈放になっているらしい。

ある倉庫から動物の面をかぶった強盗団が盗み出そうとしたギリシャ彫刻の数々。だが、それをNYPDが押さえる。その強盗団の中には潜入していたニールも入っていた。

 ニールを取り合い、NYPDの警察とやりあうピーター。何とかその場では釈放されるものの、そのパトカーの座席には、久々のアレックスからの折り紙が。

 理由は、今住んでるサルディーナ島の自宅に飾りたかったから。ドイツの遺品の代わりに。

 ニールと再会して、嫌味たっぷりなアレックス。モジーにいたっては殺されるとビクついてる。

  アレックスは今スピテリという人物に雇われている。彼はギリシャの国家遺産を国に取り返したがっているらしい。
 
 彼を逮捕するため、一旦はアレックスの仕事に加担するニール達。だが、アレックスにしてやられる。

 また土壇場でNYPDが乗り込んできたのだ。

 アレックスの仕事は全て失敗?! に思われたが、実はそれも計画のうちで、警察の押収品倉庫から2箇所全てのギリシャ彫刻がなくなっていた。

 残されていたのは、ニールがアレックスにあげた蜀台のみ。

 エレンのベータービデオがニールに届いていた。最初はサムと2人で見る気だったニールだが、モジーとピーターに説得され、先に3人で見ることに。エレンが3才のニールにあてたメッセージとは?!






 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。