映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトカラー S4
S4 #1・2(#47・48)



以下激しいネタバレ


S4#1・2(#47・48)



 高飛びしたニールの部屋で、茫然自失しているピーター。
 だが、FBIはニールをほおってはおかない。すぐにクレイマーの差し金として国際犯罪部のコリンズがやってきて、ニールを追跡し始める。

 ピーターは何とかコリンズより先にニールを見つけ、危険を知らせたかった。その為、コリンズを尾行し、E・パーカーの居所を突き止め、ニールに連絡を取りたいと説得しようとしたが、門前払いを食らってしまう。

 だが、エリザペスが取り入ってくれて、ニールと電話する事に成功。少しの行き来だったが、その間に聞こえてきた周囲の音で、場所を特定する。
 ダイアナとジョーンズの協力で、教会の鐘の音をヒントにそこがカーボ・ヴェルデだと判明。(凄い!)

 でも、コリンズにもその調査結果を見られてしまう。

 すぐにコリンズを追うピーター。そしてニールが帽子を購入している店に行き着き、さらに最近プッシュしている女性を教えてもらう。カフェ・イスレーニョのマヤにニールの写真を見せて居場所を訊くが、そこにコリンズも。

 コリンズはニールに50万ドルの懸賞金をかけてしまう。それも生死問わず。島民からも追われるハメになったニールは、ピーターと熱い再会を果たした後、ひとまず島を牛耳っているドブズのとこに逃げ込む。
 だが、そのドブズもコリンズに金で買収され、拉致られてしまう。
 さらに、入れられていた檻から逃げようとしたのがバレて、足を撃たれてしまった。

 ピーターは、モジーと協力して、コリンズからニールを奪還。さらに、船で逃亡しようした中、ピーターがある覚え歌を思い出す。ガブズが趣味としていたボトルシップに付けた女性の名前を次々言い当てる。何と、ガブズは、長年FBIが追っていた重要指名手配犯マクリーシュだったのだ。

 ピーターは、今回の件をニールを元の職場に復帰させる材料とする事にした。

 その為には、マクリーシュを逮捕する必要がある。ピーターとモジーと共に、ドブズの島での信用を失墜させる作戦に出る。

 それにしてもピーターのバーテンダー姿・・・とっても無理があったー。元野球選手だからなのか、手付きが危うい(笑) わざとか?!(笑)

 ピーターは取り巻き達に、ドブズが彼らの金を盗んで高飛びする算段をしていると思わせる。さらに、そこにコリンズが。その情報は50万の懸賞金に目が眩んだマヤからのものだった。だが、実はこれも計画のうち。

 慌てて高飛びしようとしたマクリーシュは、ピーターが用意したジェット機に自ら乗り込んでいく。さらにニールを逮捕したと意気揚々のコリンズに、マクリーシュを餌として与え、目的をすりかえさせた。

 めでたくニールは今回の功績で元の鞘に戻る。金一封の代わりにまた足枷が付けられたニール。「帰ってきたって感じ」とは言うものの、複雑な表情。

 全てがまた元に戻ったかに思われたが・・・ ピーターが上司に呼ばれ、今回の身勝手な行動の責任を取り、異動を言い渡されてしまう。

 ひー早く続きが見たいよー!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。