映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトカラー S3
S3#9~16(#39~46)


以下激しいネタバレ


S3#9(#39)


 ニールの元相棒、マシュー・ケラーが再び登場。以前ピーターを拉致したこともある危険な男。
 どうやらニールがドイツの略奪品を手にしたのに気付いたらしい。彼はロシアマフィアに多額の借金があり、追われている身。
 ニールの関係者に少しずつ接触を図り始める。

 モジーは今すぐにでも逃げようと持ちかけるが、まだ渋るニール。

 マシュー・ケラーは、ある美術品を盗み出す。ファラオの魔よけ。それを故買屋のラクエル・ラロークがまるで別物に細工して取引しようとしている。

 ニールは修繕屋として彼女に近づく。仲買人のヘイルの紹介だった。ヘイルへの褒美はドガの画。だが、ヘイルはケラーに射殺されてしまう。

 友人を殺されたモジーは殺し屋を雇い、ケラーに600万ドルの懸賞金をかける。その金は、ドガを売ってしまった金だった。

 ケラーにはまた逃げられてしまうが、ラロークには魔よけをピーターに内緒で返却するニール。

 モジーがリストに載っているドガの画を売ってしまった事で、慌てるニール。リストはなかったと嘘を付かれた事で、モジーもショックを受ける。




S3#10(#40)

 ドガの画を何とかして取り返さなきゃならなくなったニール。モジーは故買屋のラスティーに売ったみたいだが、ピーター達もそれにたどり着く。

 ピーター達の監視下の元、何とか取り繕うニールとモジー。紙一重の緊張感が面白かった。

 ピーターの上司、クレイマーさんも登場。すぐにピーターとニールの親し過ぎる関係に疑問を持ち始める。クレイマーがいる事で、ピーターもニールを客観的に見るようになる。

 そんな中、ワシントンの美術鑑定士メリッサ・マシューズが戻ってきた。ニールはまだ彼女にインターポールだと名乗ったまま。エレベーターで2人きりになった時、今はニールという男として潜入捜査中だと嘘を重ねる。

 ダイアナが銃の事で大はしゃぎするのが笑えた!

 モジーが売ったドガの画をニールが描いた贋作と擦りかえるため、アクロバティックな作戦を決行する。
 なかなか大胆な計画だったね!!

 だが、ケラーの魔の手は、今度はエリザベスに!!


  

S3#11(#41) 

 流石のピーターも激しく取り乱し、ニールを責めたてる。もうお宝を盗んだのが誰であろうが構わなくなる。ただそのお宝をケラーに渡さないと、エリザベスの命が危ない。

 ニールはおとなしくピーターにお宝の倉庫に案内するが・・・ そこはもぬけの空。またもモジーがニールに黙って移動させたらしい。

 最初はニールと喧嘩していたモジーも、エリザベスが拉致られた事でおとなしく協力してくれる。

 エリザベス、ただ拉致られてただけじゃなく、ちゃんと自分で脱出したのが凄い!! 伊達にFBIの奥さん長くやってないね(笑)

 エリザベスの為に、警察が張り込みをしている倉庫からお宝を盗み出す4人。

 ケラーは今もニールと仕事を復帰させたいと思っているみたいだけど・・・ あくまでも断るニールに、襲い掛かるケラー。お宝を盾に取られてビンチに陥るニールに、ピーターが助け舟。ようやくケラーを逮捕。

 だが、ケラーをちゃんと逮捕する為には、ドイツの略奪品の盗みをニール達が自供しなければならない。ニールは決意するものの・・・ 何とケラーはあの全てを自分1人で盗んだと自供。それも、ロシアの為に危険を犯してやった事を強調し、今まで敵だったロシアを抱きこみ、弁護士をつけた。
 3ヶ月後には自由の身になる可能性がある。 まぁ好敵手は必要だ。

 さらに今回の功績で、ニールの審問会が開かれる事に。うまくうけば、自由の身に?!




S3#12(#42)

 今回は学校の話。ニールは自由になった後の生活に夢見ている。ピーターにもちょっと媚びたりして、野球のチケットをブレゼントしたりする。

 マンハッタン学園の男子生徒エヴァンが、寄付金を着服している疑惑の資料を持参してくる。相手はアンディー・ウッズ理事。カルテルに資金を流しているという疑いがある。

 ピーターとニールで学園に潜入。ピーターは子供を編入させたい親として、ニールはたまたま勘違いされたまま臨時教師として。

 エヴァンは、訴えようとしている男ウッズの娘クロエにお熱。だが、クロエは新任臨時教師ニールに夢中。

 審問会という流れにモジーとニールはもやもやした気持ちを晴らすため、エヴァンの恋物語に協力することに。

 正体がバレたピーターが拉致られてピンチに陥るのを、学校にあるものを活用してモジーとニールで救出する。 
 やはりチケットは賄賂になるから受け取れないピーター。だが、ニールはジョーンズを通して結局渡すのに成功!




 S3#13(#43)
 
 今回はエリザベス大活躍! クリマイのエルがゲスト! 

 ピーターがFBIから持ち帰ってきていた無線機で、近所の犯罪計画の会話をたまたま聞いてしまうエリザベス。でも、ピーターはケラーに拉致られた時の後遺症で妄想だと決め付ける。

 エリザベスはモジーを仲間に引き入れ、調査を開始。そのうちニールも引っ張り込んで犯人と疑わしい夫婦の家へと探りを入れる。
 さらにはピーターには内容は内緒で、自宅に招待され、ニールが見つけたピッキング道具を確認する。

 だが、いかにも怪しい動きのエリザペスに、犯人も気付き、脅しをかけてくる。

 エリザペスに加担したモジーとニール共々ピーターにお叱りを受ける。ピッキングも習っちゃったしね。
 
 近所の夫婦のホテル強盗が濃厚になってきて、FBIがようやく本腰を入れる。ニールがベンに近づき、仲間として近づく。
 だが、ホテル強盗の仕事はプロ。まんまと逃げられてしまう。エリザベスには待機を言い渡すピーター。

 だが、流暢に待ってられないエリザベスは、犯人を尾行、彼らのアジトであるクラブにモジーと共に入り込み、FBIに成りすまして犯人と対峙する。

 あわやの所でピーター達が到着。FBIの名を語るのも違法だが、配偶者免除される(笑)




S3#14(#44)

 審問会までの一週間、暫くモジーにもおとなしくしてるように約束させるニール。

 ダイアナが、恋人クリスティーにプロポーズされた。NY州が同姓婚姻を認めたからだ。本人は突然の事で実感がつかめないようだ。
 だが、周りは大喜び。ニールはパーティの幹事を買って出る。

 ピーターは、エリザベスの誕生会を自宅でやる準備に大忙し。エリザベスの両親が来訪するので、ピーターはかなり神経質になっている。エリザベスの父親は精神科医で、さらに苦手らしい。

 ピーターは今までの過去をメモリアルDVDにしてプレゼントするつもりだったが・・・送られてきたのは他人のもの>< 急遽モジーにも手伝ってもらい、簡単にメモリアル写真集を作った。

 ピーターを抜きにした任務の方は、サラの上司で、元彼と今彼のブライアン・マッケンジーをターゲットにしたものだった。

 バイオリンの名器が関係しているらしい。ストラリバリウスの弦に、カーボンポリマーを仕込み、違法に持ち込んだ疑いが。

 追い詰められたマッケンジーはとうとうサラにも牙を剥くが、ニールが助ける♪

 審問会の件で、クレイマーが改めてダイアナにキツい尋問をしかける。クレイマーは、ピーターとダイアナでニールの犯罪を隠蔽しているのではと疑っている。




S3#15(#45)

 今回はピーターの野球好きが大爆発した回(笑)プロになった事もあったが、肩を壊して断念した過去がある。

 今回の事件の首謀者は伝説の盗人ゴードン・テイラー。誰もが彼のファン。被害者さえ彼を訴えない。彼の流儀は「誰も傷付かず、皆が儲かる」犯行だからだ。

 モジーも勿論大ファン。ニールにも声が掛かる。FBIがいい機会と見て、ニールを潜入させる。

 テイラーの依頼人は、ウィスローホテルのオーナーロバートjr。ベイ・ブルースの最初のホームランボールをヤンキースタジアムから盗み出して欲しいというもの。

 テイラーの計画は見事に成功。逮捕されたのも、囮の男だった。

 見事に逃げおおせたテイラーに、次も一緒に仕事をしようともちかけられるニール。

 その事件と平行して、審問会の準備は着々と進められている。クレイマーの調査からは、ピーターは外されていて、蚊帳の外だが、ダイアナから情報は入る。どうやらクレイマーは、ニールを自由にする気はさらさらないらしい。

 ケイトの暗号の手紙もとうとう解読され、ラファエロの画の秘密が明かされてしまう。

 そんな事になっているとは知らないニールは、ピーターに彼の野球カードをプレゼント!(あんまり高くないらしい笑)
 さらに、ヤンキースタジアムを借り、ピーターをマウンドに立たせてあげる。




 S3#16(#46)

 とうとうニールの審問会が。参加するのは、ジョーンズ・ダイアナ・エリザベス・サラ・ジューン・クレイマー、そしてピーター。

 エリザベスは2種類のケーキを焼いてくれる。「自由おめでとう」と「残念賞」

 だいたいの人間はニールに好意的だが・・・クレイマーはその気はない。ピーターでは監視役としては甘いから、自分の下で一生働かせるつもりらしい。

 とうとう手紙の暗号を解読され、ラファエロの画がある住所がバレてしまう。ニールはピーターにも許しを得て先回りする。そこには、ニールの父親の元相棒の女性が。ニールの父親は汚職警官。彼を訴えた偽名E・パーカーは証人保護プログラムの中で暮らしていた。彼女のところに盗んだラファエロが。

 画をサラに返却する。ピーターの計画でサラと社長にも協力してもらい、画は元々もニールに鑑定を頼んでいた事にしてくれた。

 だが、画を強引に持ち帰った行為等の容疑で逮捕する気満々のクレイマー。全て解決と審問会場に戻ってきたニールを、ピーターが首を振って追い返す。

 ピーターは、審問会で「ニールは自由にするべき」とはっきりと言ったものの・・・そこにニールが足枷を外して逃げたと一報が入る。

 飛行機に乗り込み高飛びするニール。何処となく哀し気。

 
 なかなか緊迫感のあるS3だった! 面白かった~!!

 さあ、S4だ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。