映画と海外ドラマ等感想

デクスター S7
S7 #1・2
今回は身近な人物に監視され続けながらになりそうだね・・・ どきどき・・・



以下激しいネタバレ
S7 #1


 前シーズンのラストから・・・処刑をとうとうデボラに見られたーーー!!!

こういう時便利な「無意識」だけど・・・ 誰もが突っ込みを入れただろう。念入りな梱包と、エプロンに手袋(笑)
当然デボラもそうそう馬鹿じゃないから、それは気付くよね。
それでも強引に押し通して自殺として証拠隠滅をはからせちゃうデクスター。ここら辺はもうプロ。

 でもちょっと簡単に考えすぎてるよね。デボラの事を甘く考えすぎてる! 何せルディことブライアンの時に似たような状況で殺されそうになってんだから!! 
 それに、マリアの事も!! ピーンチ!!

 デボラに見られたことで慌ててたから血のスライドを落とした事を忘れてた!! デクスターもド忘れするんだな。
 それをマリアに発見されてしまう。

 マスカに調べてもらうと、それは当然過去デクスターが罪を着せた相手ドーマス巡査部長、ベイハーバー連続殺人鬼に行き当たるわけだ。さて、マリアはどうするのかっ?!

 そしてさらにやせ衰えてきているクイン・・・この人本当に大丈夫なのかな・・・心配。

 そしてそして1番デクスターの強敵になりそうだった敏腕刑事マイクがいきなり犯人に殺されてしまうー。
 それも「ドールハウス」のヴィクターだよっ。名前もビクターだよっ(笑)
 
 ストリッパーを殺害して運んでる途中でパンクをし、それを見咎めたマイクを射殺してしまう。
 
 毎回の事だが、マイアミ署は証拠を発見できず。デクスターだけが、インターポールで彼の住所を着きとめる。

 デボラに監視されつつも、やはりビクターを殺すデクスター。ただの小物かと思ったこの犯人、キエフの大物アイザックってナイスミドルの男に繋がってるっ?! 

 そして前シーズンから不気味な動きをしているルイス。デクスターのカードを無効にしちゃう。こいつ、どこまで知ってるのかな?!

 何とかなると思ったデボラが、デクスターの家を漁り、大量のスライドも見つけてた! どひー!! そしてとうとう告白する。「連続殺人犯人」だと。


 #2

 
 夢であって欲しかったが、現実だった。 当然逮捕しようとするデボラだが・・・ デクスターに説得され、考えを変える。
 デボラの愛は、デクスターが考えるより深いっ?! 「私が施設代わりになるよ」 

 デクスターと同居し、監視し続けて「闇の声」がしたら止めると言うデボラ。いったいそれが何処まで可能なのか。

 ハリーのように掟を決め始めるデボラ。ルール1:嘘はつかない。ルール2:殺したくなったらデボラに連絡。
 幻覚ハリー父ちゃんは「無理だ」と告げる。

 嘘はつかないと約束したものの、嘘はつかないけど、身勝手な行動は続けるデクスター。

 マリアはスライドの件をFBIに流しちゃうようだ!! ど、どうなるっ?!

 そしてキエフの大物アイザックが来訪!! ビクターとどういう関係なのか知らないけど、怒っているもよう。
 そしてビクターの情報を警察に流したトニーを殺害する。

 この男、なかなか怖そうだ。かっこいいし!w

 そしてとうとう不気味な行動をとっていたルイスを真剣に相手するデクスター。でもその真相は・・・「5年もかけて作ったゲームを馬鹿にしたから」だった・・・ 汗 本当かよっ?! それだけ?! 

 痩せ衰えているクイン、心配しましたが、相変わらず女性ナディアとはいちゃつくようです。でも痛々しい。

 デクスター、ルイスを殺そうとしたが、一応ルール通りにデボラに相談。放置するだけで殺さなかった。

 そんな中、連続殺人犯ウェイン・ランダルが自供を始め、遺体場所を告白し始める。「良心はあったが、埋もれていただけ。諦めたら怒りが消えた」 そして後悔をし、自殺をはかる。

 これは嫌な伏線だな・・・ 

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.