映画と海外ドラマ等感想

シークレット・サークル
シークレット・サークル#18~22(完)ってか打ち切りTT

#18~22




以下激しいネタバレ



#18
 なんかキャシーより、ダイアナを応援したくなるな。かわいいデートだ。グラントが普通の人だといい。
 ジョン、キャシーとの時間を取り戻そうと、ミニゴルフにさそう。
 ジェイクの元ハンター仲間サミュエルが侵入してくる。忠告しに来たらしい。キャシーの魔法笑える程強い。
 アダムの店でのフェイとメリッサのやり取りは笑える。
 
 ジョンが昔やろうとした事を知らされるキャシー。でも、今は改心したと説得するジョン。
 彼は今エーベンがやっているようなことをやろうとして、サークルの皆を犠牲にした?

 エーベンもうすっかり悪魔に取り付かれてる。ジョン、手の平にメダルの火傷跡が残っていて、力を使えた!!
 悪魔に取り付かれたエーベンを倒すには、全ての水晶を集めてサークルの力で水晶のドクロを作ればいいらしい。
 
 ジョンは夜1人で遺体を掘り起こしに・・・ 彼の本当の思惑はっ?!


#19
それぞれの家に残されているはずの水晶を探し始める。
フェイは、母親ドーンの荷物を探る。「あの年でTバックってありえない」とか言ってますが(笑)
日記を盗み読み・・・ドーンがジョンに想いを寄せていたことを知る。そして自分もジョンの子供かもしれないと思いこみ、キャシーと同じ闇の力を切望する。
だけど、結局はただのドーンの思い込みだっただけ。肩透かし・・・ と思ったら・・・意外な人物がっ!!

この明かし方はなかなか巧くて面白かった!! 炭鉱の結界にキャシー同様入れなかったのは・・・ダイアナ!
彼女がキャシーの姉妹だった。

また登場カラム。面白いキャラだけど、今回で残念ながら終わりみたい。

チャールズはキャシーの祖母ジェーンと共にジョンを暗殺しようと試みるも、ジョンの方が一枚上手。逆にジェーンが返り討ちにあってしまう。ジョンはそれをハンターの仕業だとキャシー達には伝え、チャールズは脅して黙らせる。


#20
何とチャールズ、ダイアナが本当はジョンの娘だって知らなかったっ!!TT 2重苦><; あまりにかわいそうで涙ちょちょ切れちゃったよ。アメリアを殺した罪も忘れるぐらい。

チャールズ、ジョンを殴り詰め寄るものの、能力がない今じゃジョンには勝てないよな><
チャールズは仕方なくダイアナと逃げ出すことにするが・・・

どんどんキャシーが余計に鼻につく感じ。これじゃダイアナがサークルに嫌気がさすのも頷ける。

エーベンは、裏切り者の魔法使いに魔法を授けられたらしい。それはいったい誰っ?! てっきりチャールズだとばかり思ってたんだが、どーも違うらしい。

裏切り者の情報を訊くべく、ジェイクはアイザックとコンタクトを取ろうとしたら、既にエーベンに殺されてしまっていたと、元仲間のイアンが教えてくれる。彼も今逃亡中との事。

ジョンは、ハンターを抹殺した後、長老達も殺すつもりらしい・・・ だんだん本性が出てきた?

 フェイはピエロ苦手。(こういう人ほんとあっちでは多いね)
 裏切り者を探すために遊園地へ。追い詰める・・・ 何とそれは死んだはずのニックだった?!


#21
 でもそれはニックであって、もうニックではないらしい。エーベンに水晶を盗むために操られているだけのようだ。何とか肩をもつ元カノのメリッサだけど、彼女さえニックは殺そうとした。

 プロムの話だった。フェイはジェイクと。ダイアナは気を使ってチャールズと。メリッサはアダムと少しいい仲に。

 キャシーは、過去の真実を知りたくて学校で過去見をする。だが、自分の能力だけでは限界があり、ダイアナにも手伝ってもらう。
 すると、過去の母親達の会話が聞ける。キャシーの母親アメリアと、ダイアナの母親エリザベス。

 何とジョンは、親世代をも利用しようとし、失敗して彼女らを犠牲にしていた。そして今、その子供等も利用としていると分かったのだ。その目的は、まだ分からず。

 アメリアがした失敗と同じ失敗を繰り返したキャシーに、ダイアナは激怒。

 だが、ジョンの真実を知りつつ、今のエーベンを倒すには、彼が不可欠だった。仕方なく従うが・・・
 
 チャールズ、ジョンの策略にまんまとハマって、アメリアの亡霊に怯え、つい罪をダイアナに告白してしまう。
 (これって「いやいや、それは言っちゃだめなんだ。○○が何したって言っちゃだめなんだ・・・あ゛」って感じでかわいいW)
 
 ダイアナいろいろあり過ぎて大変。いいとこにグラント♪ でもこのままじゃ駆け落ちも出来ない。

エーベンと対決するジェイク、メリッサ、フェイ、キャシー。ニックは結局メリッサが殺した。ジョンがエーベンと対決する中、フェイが彼らに連れ去られてしまう。


#22
フェイの為にもエーベンを倒す必要があった。その為に、ジョンに従うキャシーとダイアナ。そしてとうとう水晶のドクロを作成する。

 キャシーとダイアナは、何とかジョンからドクロを遠ざけようとするが、ジョンに気絶させられ、封印の中に監禁させられてしまう。

 そしてジョンの本当の目的が明かされる。彼は自分の血族だけを残そうとしていた。他のハンターや魔法使いは全て抹殺するつもりらしい。
 そして他のサークルで育てていた自分の子供4人も、こちらに向かってるとの事。
 
 フェイを助けにいくジェイクとメリッサ。そしてドーンとチャールズも、母親で長老のケイトから能力を分けてもらう。チャールズ何か決意してしまっているもよう。

 フェイ奪還に失敗し、捕らえられてしまうジェイク、メリッサ、フェイは、火炙りにされるが、ドーンとチャールズが助け出す。

 チャールズはエーベンから悪魔を吸い取り、自分に憑依させて海に身投げしてしまう(泣)

 ジョンの真実を知ったキャシーは、ダイアナをも強引に闇の能力に目覚めさせ、抵抗し、ジョンを抹殺した。

 ジョンは倒したものの、彼の子供達がまだ4人こちらに向かってきている。キャシーはもう一度サークルを結成し直そうと言うが、ダイアナはもう耐え切れず、グラントの元へ。だが、その手の平にはもうブラックウェルの印が刻まれている。


 ドクロは1番正義感の強いとされるアダムに託された。が・・・ 彼もドクロに魅了されたらしい。

 メリッサとフェイはそれぞれに手元に戻った魔法に楽し気。

 キャシーは、闇の力に魅了されてるっぽい。

 死亡したはずのチャールズに魔法をかけているケイト。

 そしてその町を見下ろす4人の男達の姿。その手にはブラックウェルの印が。 


 続けばまた楽しそうだったのにな・・・ 残念っ!!

 でもまー最初から目当てのゲイルさん的にはなかなかいい保存版になりました♪

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.