映画と海外ドラマ等感想

REC3
REC1・2を見たんだから、REC3もやはり付き合うべき・・・と。
以下激しいネタバレ




 全体の半分近くが結婚式の様子で長い!

 冒頭の注意書き「これは純愛をテーマにしています」が後で効いてくる映画。


 最終的にはいつもの感染者達がゾンビのようになって親族を食い散らかしていくわけだけど・・・
 今までの全くの他人じゃなくて、いるのが全部親族や、知り合いって所が酷なとこだね。
 

 華奢な主役のクララ(レティシア・バレラ)がウエディングドレスを引き千切って立ち向かう姿はマニア受けしそうだ!

 神父さんは案外手堅く残ってたのが不思議なぐらい。ちょっと「飛ぶ教室」のピアノ演奏者を思い出したよ。
 いつまでも続けらんないじゃん?
 そして最後の新郎コルド(ディエゴ・マルティン)との行き来は・・・「ミッシング・ハイウェイ」のジョナサンとノーマンの事を思い出した><


 予想すべき最後ではあったけど、なかなか悲哀に満ちていて良かったのじゃないかな。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.