映画と海外ドラマ等感想

ダーク・シャドウ
ティム・バートンとジョニー・デップのタッグ映画。まぁまぁ面白かったかな。ジョニー・リー・ミラーが見れて嬉しかった♪



以下激しいネタバレ



 大昔、大富豪の御曹司でプレイボーイのバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、彼に片思いした召使のアンジェリーク(エヴァ・グリーン)の魔術で吸血鬼にされてしまう。
 さらに地中深くに埋められていたが、現代の工事の為に掘り起こされる。屋敷に戻ると、彼の末裔が暮らしていた。
 さらに、アンジェリークもそばでやり手の企業家として存在した。

 しつこい裏のある女のイメージはエヴァ・グリーン適任な気がする。この人の眼差し怖いよ。
 
 娘の狼化はかなり意外だったな。てっきり吸血鬼にはなってると思ってたけど。

 ダークコメディで軽く見る分には良かったかもね♪

 でもなんで吸血鬼なのかな・・・  ゾンビでも良かったじゃん?

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.