映画と海外ドラマ等感想

スノーホワイト
童話白雪姫の映画化。童話とちょっと違う展開になるだろうと予測されたキャスティングだったな。


以下激しいネタバレ
 マグナス王が殺され、継母ラヴェンナに7年も幽閉されたスノーホワイト。
 義叔父にセクハラを受けていたが、彼女は混乱に乗じて逃亡を図る。逃げ込んだのは迷いの森。

 逃げたスノーホワイトに追っ手をかける。迷いの森に詳しい男、エリック(クリス・ヘムズワース)が雇われる。

 スノーホワイトを捕え、女王の元に連れて行こうとする中、エリックは寝返りを決める。
 粗暴だが、男気のあるエリックにスノーホワイトも少しずつ気を許し始める。

 スノーホワイトと幼馴染のウィリアム王子は、父王を説得して何とかスノーホワイトを助けようとするものの、国を犠牲には出来ないとして、王子単身で彼女を助けに向かう。

 そしてお約束で出てきた7人の小人はちょっとやさぐれ気味な小人達。それでもスノーホワイトを助けてくれる。

 そこにウィリアム王子がリンゴを持って現れるが・・・ それは実は継母ラヴエンナの仕業だった。

 死亡するスノーホワイトに、ウィリアム王子がキスをするが目覚めない。


 エリックという本当の童話ではちょい役の存在が随分とかっこいい大事なキーポイントになってる。
 さらにただの悪者のはずの魔女ラヴェンナにも哀しい過去がある。

 総合的に見て・・・ うん、まぁまぁかなw 本当はキーになるはずの王子の存在がちょっとかわいそう><;

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.