映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメイジング・スパイダーマン
前のスパイダーマンよりかわいらしい感じw アニメのスパイダーマンに近いなーと感じた♪


以下激しいネタバレ
 ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は両親が死亡してから、伯父と伯母に育てられてきた。
 頭はいいものの何処か影がある青年。でも正義感はある。
 (ここにいじめっ子として出てきた青年はシークレット・サークルのジェイクだ!(笑))
 そして恋もしていた。ピーターが密かに想いを寄せていた女性、グウェン・ステイシー(エマ・ストーン)

 だが彼も少し反抗期。つい伯父さんに逆らってみたら運悪く強盗の手助けすることになった上に、そのせいで伯父さんを死なせる事になってしまう。
 
 ピーターは、家の物置から父親が遺したバックを発見する。その中には人間の遺伝子と、別の動物の遺伝子を融合させる研究資料が入っていた。
 
 その共同研究者として、片腕のカート・コナーズ博士(リス・エヴァンス)がいた。彼の元に向かうと、そこには助手としてグウェンの姿が。

 父親の研究の事を調べようと潜入した部屋の中で、蜘蛛に遭遇。刺されてしまう。そのせいで彼の遺伝子は蜘蛛と融合し、項から糸が出せるようになった。

 その事を隠しながら、コナーズ博士の研究に助言をし、成功させる。腕を失くしたネズミにトカゲの細胞を融合させ、再生させて見せたのだ。

 だが、研究の危険性を察知したコナーズは、上に研究停止を申し出るもののクビをちらつかされ、つい自分で人体実験を試みてしまう。確かに腕は生えてきたものの、進化は止まらず、オオトカゲのような姿になってしまう。

 ピーターは独自に訓練を積み、糸を自在に操れるようにし、衣装も作り、正義の味方として活動をし始めるが・・・

 だが、グウェンの父親は警察官。キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー) 彼によれば、スパイダーマンはただの私怨で動いてるだけだと言う。反発を覚えるピーターだが、違うとも言いきれなかった。

  


 ちょい役でC・T・ハウウェルさんがいたのにびっくりしたw
 リスも思った以上に活躍したし、悲哀を感じる人だったし。
 デニス・リアリーの警官がいい人でほんっと良かったっ♪

 アンドリューのピーターもなかなか好青年って感じでかわいかったね。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。