映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・エドガー
それほど興味があったわけじゃないけど、見たらとても感心した。


以下激しいネタバレ


ディカプリオ演じるとこのJ・エドガー・フーバーFBI長官。
年を取った時の特殊メイクはちょっと自分的には頂けなかったものの・・・

彼の生涯の貢献が素晴らしい!!

昔はほとんど状況証拠だけで善悪を判断していたけど・・・彼が科学捜査の基盤を作り、それを発展させていったんだもんね。凄いよ!!

その地道な作業が見れて楽しかった!! 雑多な専門家チームをまとめていったんだもんなー。

周囲に流される事になく、自分の考えで突き進んだ人。あの厳格なお母さんアニーのおかげなんだろうけど、その厳格さゆえ女性との関係が巧くいなかったようにも思う。
 でも生粋のゲイだっただけかなー。彼らの関係はあくまでも信頼関係で結ばれた絆って感じもしないでもない。

 彼にずっとよりそうように助けてきたヘレン(ナオミ・ワッツ)の存在がほんと大きいよね。彼女がいなかったら彼もあれだけ成功できたかどうか・・・
 恋人とか妻じゃないけど、まさに内助の功だよね。

 期待していなかったけど面白かった!!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。