映画と海外ドラマ等感想

シークレット・サークル
#7
敵はてっきり悪魔だと思ったけど・・・
ハロウィン話! みんな色っぽいのに、キャシーだけ・・・ジョーク?!
#7


以下激しいネタバレここここここ


 アダム、ダイアナに進言した父親イーサンを責める。アダムはダイアナに「君がいないと生きていけない」と復縁を望むが、ダイアナはもう吹っ切れちゃってる感じ><

 街はハロウィン一色。
 サークルのみんなも仮装して、部屋も飾り立てる。
 
 そんな中、キャシーは部屋に暗殺者の女シモーンが残していったナイフを拾う。そこには三日月のような紋章が彫られていた。
 その意味を探るため、街の骨董品屋ウィルソンのとこに向かおうとする。
 だがその前にジェイクに会う。
 
 ジェイクはその事は知らないと言いつつキャシーの車をエンコさせ、骨董品屋に先回りし、ウィルソンを脅してキャシーには何も言うなと口止めする。

 ウィルソンにしがなく断られるキャシーだったが、店の棚には同じ模様のナイフが置いてあった。アダムにその紋章の事をネットで調べてもらうと「ウィッチハンター」のものだと判明する。

 そのウィルソンも、他のサークルの一員だったらしい。子供達が「ウィッチハンター」(魔女狩人)に関して調べ始めている事を、イーサンに忠告し、キャシーは事件の真相を知って、自分がどれほど危険か自覚するべきと告げてくる。ブラックウェルって?!

 キャシー達を狙っているのは、悪魔ではなく、ウィッチハンターだったのだ。その一員であるジェイクは、彼らを魔法の呪文で殺そうとする。
 ハロウィンのパーティで1人1人拉致されてしまう。そのハンターの中には、キャシー狙いだと近付いてきていたルークもいた。

 5人は拘束され、殺されそうになった時、キャシーが本当の力に目覚める?! ルークの体が燃えだし、死亡してしまう。

 その場に、キャシーの能力の事をウィルソンから訊いて殺害したジェイクが忠告に来たが、時既に遅し。だがジェイクはその場で自らを傷つけ、自分も拉致されてきたのだと5人に嘘をつく。

 だが、ウィルソンはジェイクに殺される前に、キャシーの家のポストに資料を投函していた。

 そこにはJ・ブラックウェルの文字が。

 今回もキャシーはルークを殺したのに案外ひょうひょうとしてる>< 自覚がないみたいだから仕方ないけど・・・

 キャシーの祖母ジェーンが長老仲間に会いに行くと、既にドーンに殺害されていた。すぐに隠している水晶を確保するものの、そのジェーンを背後から頭を殴って昏倒させる者がいた。 (チャールズ? それとも・・・?)

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.