映画と海外ドラマ等感想

シークレット・サークル
#6 おっ♪ ちょっと年上のメンバーもぞろぞろと・・・ もっと話が大きくなってくと面白いかも。
#6


以下激しいネタバレ



 ニックの追悼式を、アダムの店でやる事に。皆それぞれに悲しんでいる。強く振舞っているフェイも、実はかなり落ち込んでいた。

 そして自ら手を下す事になったチャールズも、かなり困惑気味。ドーンが不安がる程に精神的にきてるらしい。

 そんな中、ニックの家にもう1人の青年が。彼はニックの兄ジェイク。暫くこの街を出ていたらしい。
 フェイは昔関係しており、今もフェイは彼が好き。

 ジェイクが夜自分の庭で、魔女に警告するという三日月のマークに大地を燃やしているのを目撃するキャシー。
 その後、隠れ家にも放火される。皆でジェイクを疑うが・・・

 だが、実際にキャシーを襲ってきたのは女性で、ジェイクは彼女からキャシーを助けてくれる。キャシーの信頼は勝ち得るジェイクだが、アダムはジェイクを毛嫌いしており、それをダイアナがキャシーへの嫉妬だと受け取る。さらにアダムの父イーサンも、ダイアナにアダムはキャシーと結ばれる運命だと愚痴る。

 だが結局は暗殺者シモーンという女性は、ジェイクの仲間であり、ターゲットであるキャシー達6人にバレないようにシモーンを殺したのだった。ジェイクも魔法使い。
 彼らはキャシー達とはまた別のサークルだった。

 これから彼らとの戦いになるのかな?

 それにしてもキャシーのばあちゃんジェーンが今回の事に口を挟んできた途端に、ドーンが殺そうとしたのが怖い。彼女もあっち側なのか?! 勘違いしてて命拾いしたけどね。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.