映画と海外ドラマ等感想

ヒューマン・ターゲット S2
S2#6
クリスマスのエピ。“普通の家庭”的なごたごたが面白かったw BGMがいちいち軽快だったな。
S2#6



以下激しいネタバレ


 リチャード・アップルバームの車が背後から追突された。
 彼は最近自社のホクストン・モス製薬を内部告発する事を考えていた。
 妻レイチェル、子供のジョエルと共に事故るが、何とか無事。追っ手はスウェーデン人らしい。

 ウィンストンはオフィスにツリーを飾るらしい。チャンスはクリスマスが大嫌い。拒否するものの、いやおうなしに飾られる。

 イルザもまるでクリスマスを避けるようにウガンダへ飛ぶという。

 リチャードに護衛を頼まれたチャンスは、彼の会社に派遣社員として潜入する。最初は上司のニック・ミチェルを疑っていたが、真犯人は彼ではない?! コイングス・ワースの手の平返し野郎には笑ったw 会社にはあういうのが必ず1人はいる!!

 今回ゲレロは清掃員の役ばかりでご不満気味。でも会社の備品いっぱい盗んでご満悦そうだったじゃんね><
 ニックへの拷問はいつものいろいろより痛々しかったー>< ホチキスでおでこ3発刺し!!

 最初はリチャードの件かと思いきや、殺し屋は家に襲ってきた。レイチェルの個人的なブログのせいかっ?!
 レイチェルの旦那様の愚痴に、チャンスの愚痴を出すウィンストン。馴染み過ぎ(笑)

  だが、本当の狙いは・・・息子のジェエル。

 エイムズに護衛を任せていたが、ジョエルが好きなジェイミーからの誘いで、友達のホームパーティに抜け出させてしまう。
 何とか追っ手から逃れるものの、ジョエルが所持しているパソコンを求めて脅してくる黒幕のハッカークレイマー。

 ジョエルはウィルスを仕込んだクレイマーに復讐し、彼をハッキング、ファイルを全て削除したらしい。そのファイルがジョエルのパソコンにのみ残っていた。

 今後の彼らの生活の為、取引を成立させるチャンス。だが、取引に失敗、結局ドタバタで相手を捕える。

 
 皆でクリスマス。エイムズは「普通の家庭に憧れる」ゲレロ「普通の家庭なんて地獄だ」
 
 チャンスは皆がいなくなった途端にツリーの電源を消すが、物音に慌てて付け直すのに笑った。でもそれはイルザ。やはりチャンスに指摘された通り、殺害された夫の思い出のせいでクリスマスを避けているらしい。

 そのイルザも去ると、やはりチャンスはツリーの電源を消す。徹底してるw

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.