映画と海外ドラマ等感想

メンタリスト S3
S3#17
さりげなくゲイパートナーだしw

そして今回ラローシュさんにいじめられちゃったリズボン♪ 怖~!!
S3#17



以下激しいネタバレ


 マイカ・ニュートンがゴルフ場で撲殺された。彼の死体から、ジェーンはすぐに医者だと判断した。さらに犯人も医者だと判断する。

 現場にラローシュが来て、リズボンに行方不明のハイタワーの事を訊いてくる。袖にしようとしたら、ハイタワーの後任がラローシュとなり、リズボンはボスを下ろされ、チョウが代わりを務めることに。

 チョウは今後もずっとボスを出来るぐらい堂に入ってた!! リグスビーも「お前怖いもん」www
 でもリズボンも、ジェーンを必死で監督しなきゃいけない立場から解放されて、ちょっと嬉しがってたな(笑)

 マイカが勤めていた病院に向かう。ジェーンは医者も詐欺師だと言い切った!!(笑)

 マイカは移植委員会の委員長で、ゲイ婚している。こっち関係の話かと思ったら、まるで関係なかったね。

 最初に疑われたのは、マイカが殺害された途端に、委員長の座に着き、次の移植するはずの患者を別の人物に替えた人物、ドクタークイック。
 
 彼が次に移植しようとしたのは、ロシアのマフィア、ユーリス・オラトニだった。クイックも彼に脅されているらしい。ジェーンはちゃっかり彼に尋問するが、側近に殺されそこなう。

 オラトニの為なら殺害も厭わないとはっきりと告げる側近だが、今回はシロ。

 おしゃべり好きなナース達を手玉にとるジェーンも巧かった!!

 物凄く黒そうなドクタークイックもシロ。

 そして灰色だったドクターワトソンは「掃き溜めに鶴」のような素晴らしく献身的なドクターだった♪

 そしてまるで蚊帳の外だった・・・ 麻酔科の女性ドクター。

 この病院は「痛がる人が多い」って事がそこにつながってくるとは思わなかった。治療ミスかと思ったら・・・ 麻酔を薄めて使ってたとはね>< 

 痛みを早く飛ばしたいなら叫ぶといいっとジェーンの知恵。

 実生活に活用できそうな内容がこのドラマの面白いとこだなっ♪

 リズボンはめでたくボスに返り咲き。だけど部下達の飲み会「木曜日の会」には呼ばれなくなってちょっとさびしそうだった。

 ラローシュさんがこれからボスかー・・・ なかなか容赦なさそうだなー。

    
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.