映画と海外ドラマ等感想

シークレット・サークル
#1 
普段あまりこういう若者ドラマは見ないんだけど、ゲイル・ハロルドさん目当てで頑張って見るぞっと♪
#1




 以下激しいネタバレ




 母アメリアは、娘キャシーと2人暮らし。
キャシー(ブリット・ロバートソン)の帰宅を待って夕食を作っていたアメリアだったが、そこに謎の男。チャールズ(ゲイル・ハロルド)が。そしてマッチを擦ると、アメリアの周囲が火に包まれていく。
 最終的には爆発を起こし、アメリアを殺してしまった。

 遺されたキャシーは、祖母ジェーン(アシュレイ・クロウ)に預けられる。昔母アメリアが暮らしていた部屋だ。

 新しい学校に入ると、いろんな人間から話し掛けられる。皆母親や祖母の事を知っていた。
 
 隣人のニック(ルイス・ハンター)。
校長ドーン(ナターシャ・ヘンストリッジ)の娘で素行の悪いフェイ(フィービー・ドンキン)。
優等生のダイアナ(シェリー・ヘニッヒ)。
学生のたまり場になっているカフェのオーナーイーサン(アダム・ハリントンQAFのコナーやんけっ♪)とその息子アダム(トーマス・デッカー)。

 イーサンは、昔母アメリアを愛していたと告白してくる。だが、彼女が選んだのはキャシーの父親だった。

 フェイが馴れ馴れしく近づき、皆が片親だと言ってくる。気分を害して離れようとするキャシーだが、フェイが能力で車に閉じ込めてしまう。そしていきなり炎がたち・・・アダムがあわやの所で助け出した。 

 アダムに恋心を抱くキャシーだが、彼はダイアナの恋人だった。

 キャシーの母親を殺したチャールズは、ダイアナの父親。彼はドーンと何か結託している?!

 キャシーに過去の事を話そうとするイーサンに、チャールズは能力で拷問し、脅す。

 ダイアナが怯えるキャシーを仲間と引き合わせ、魔女である事を教えてくれるが、信用しない。アダムがその能力を見せるものの、星が命じた運命の相手からなのか、咄嗟にキスしようとしてキャシーに逃げられる。

 キャシーとアダムは、過去イーサンとアメリアがそうだったように、星に命じられた運命の相手らしい。それに逆らうと、災いが起きるとの事。
 昔親世代に犠牲者が出たのも、その災いのせいだった。今はその能力を皆隠し合っている。

 それに逆らうフェイ。嵐を起こし、町を危険に曝す。だが暴走して止められない。それを止めたのはキャシーだった。

 だが、今だ自分の能力を信用できないキャシーだったが、部屋の暖炉の壁から、母アメリアからの手紙を発見する。
 『貴方には大きな力がある。それを求めていろんな人間が近づいてくる』とあった。


 親世代が気になるっ!!! 怪しい悪人チャールズの活躍を今後も期待っ!!(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.