映画と海外ドラマ等感想

ダークナイトライジング
公開中なので控えめに。
アメコミというより、ヒューマン映画みたいだった。



以下激しいネタバレ
以下激しいネタバレ


 ジョーカー(ヒース・レジャー)との戦いで8年間引き篭もっていたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)
 本当はツーフェイス(アーロン・エッカート)という悪者になっていたデントは、バットマンと、ゴードン(ゲイリー・オールドマン)が口裏を合わせ英雄としてまつりあげていた。

 引き篭もっていたウェイン邸に、1人のメイドが忍び込む。セリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)
 彼女はブルースの指紋を盗んでいった。彼女の目的は、ウェイン家の財産。そして彼女も知らない彼女の雇い主の本当の目的は、もう1つのウェイン家が極秘に守ってきた重要な代物のほうであった。





 (以下本当に激しいネタバレ:自己判断で見てね♪)




 

 キャットウーマンとして出てきたセリーナだけど、もう少し猫っぽい感じを出して欲しかったかなー。
 キャットウーマンってより、バットウーマンになりつつあったけど(笑)

 そして敵側のベイン役トム・ハーディーが思った以上に体格が良く太って見えたなー。あのマスク。

 アレックス(マイケル・ケイン)が途中でいなくなっちゃうのがとっても残念だった><

 なかなかどんでん返しもあって面白かったと思う。3Hは感じさせなかったもんな。

 自分的にはゴードンがとっても美味しい感じだったので、いいとしよう(笑)

 どうせならロビンのコスチュームも見たかったよーーーっ!!
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.