映画と海外ドラマ等感想

メンタリスト S3
S3#11
一週間遅れの感想になってるな>< モンターギュ博士なかなかいいキャラだった。
S3#11



以下激しいネタバレ




 ある車廃棄場に女性の遺体が遺棄されていた。かなりの日数放置されていたようだ。さらに、通報者の飼い犬によって、もう1人の女性の被害者も発見される。

 ジェーンの検視で、2人ともが同じ毛糸の装飾品をつけていたことで、共通点はあるとみる。

 そこにモンターギュ博士という犯罪研究者が助っ人にやってくる。彼女によれば、連続殺人犯ケイブマンの仕業だと決め付けているところがあった。
 ジェーンの意見は違う。

 最初は水と油になりそうな感じだったが、ケイブマンから女性の内臓の一部と犯行声明が送りつけられ、決定打となった。
 モンターギュ博士と賭けをしていた負けたジェーン。でもあんまり悔しそうじゃない?!

 
 死亡したバレリーが勤めていた会社に訪問しに行くと、今回はいつものお株をモンターギュ博士が奪ったな(笑) 遺族に失礼な発言をするってとこ。

 ジェーンは路線バスに目をつける。

 運転手がプリズン・ブレイクのヘイワイヤー!! また犯人役かっ。でも実際は・・・


 いやー、それにしても・・・
 まさか、犯人の犯行声明まで偽造しちゃうとは思いもしなかったよー>< びっくらジェーンっ!!

 そっちに世間の目がいくのをいい事に、新たな工作を仕掛けるジェーン。モンターギュ博士をもケイブマンが殺した事にし、模倣犯にも魔の手がいくように仕向ける。
 
 でも魔の手を演じたのは・・・チョウだった(笑)

 モンターギュ博士にホの字だったリグスビーだが、残念ながら理詰めの彼女は靡く事はなかった。リグスビー、最近まだ太ってきちゃったかな?><

 それにしても・・・毒入りジュースを販売してたってあながちドラマだけの話じゃないよねー><
 
 何にしても飲みすぎには注意っ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.