映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカトラズ
#13(完)
いきなり路上でレベッカ苦しがっている。何がっ?! まさかこれで終わりじゃないだろうな・・・と一抹の不安が><
#13(完)




 以下激しいネタバレ




 レベッカ苦しがってる冒頭から36H前。 レイの店である刑事に相棒ウィルの真実を聞かされるレベッカ。
 彼は内部調査が内定をしていたらしい。 シモンズに賄賂を受け取っていた可能性があった。
 だからトミーが殺害した?!

 ある心療内科に駆け込んでくる男。「オレは1963年のアルカトラズの囚人だ。悪い奴に追われてる。助けてくれ」 というもの。
 彼はアルカトラズを脱獄しようとして死亡したとされているジョー・リメリックだった。
 実際は助かっており、所長に身元を隠されていたのだ。
 彼は最期の鍵を手にしている。彼がゴーストか。

 トミー、今まで大量に採血されていた血に、銀を混ぜて再び輸血される。死ぬと思っていたが、彼は見事に生還。既にその身はアルカトラズにはなく、ホテルで所長に食事を与えられる。
 「君の望みを何でもかなえてやろう。私のために働いてくれ」といわれる。
 トミーの無実を信じ、助けだそうとしていたレイも、アルカトラズから追い出してしまう。

 トミーの望みは、失った家族を取り戻す事?! 息子に会いに行くものの怖がられる。

 トミーはある別宅に押し入るが、幼い娘が独りで逃亡。警察に保護される。ショックで記憶を失っていた少女に、ルーシーの指導で記憶を取り戻させる。ソトが画を描くが、目をわざと描かず、少女に描かせる。そして記憶を少しずつ引き出す事に成功。
 その家には怪我をした夫のみ。トミーは妻を連れて彼女が勤務する病院に乗り込んでいた。そこはリメリックがいる。彼から鍵を取り返そうとしたが、リメリックは目の前で自殺してしまう。

 逃亡するトミーを追うレベッカ。 

 自殺したリメリックから、鍵を取り戻すソト。(これぐらいの情報ならトミーだって知ってそーだけどな)
 ソトはハウザーが乞う鍵を渡さず、レベッカを追う。

 レベッカは事故ったトミーを助け出すが、彼にナイフで刺されて瀕死に。レベッカの両親はいったい?!(これは謎のままか・・・)

 レベッカはERに運ばれるが、そのまま死亡する。

 鍵を手にしたハウザーは、とうとう地下の部屋にルーシーと入ると・・・ そこには囚人全員の居場所が分かる巨大な装置が!!  
 さらにそこにはその実験をしていた博士の姿もあった。彼はタイムスリップに大満足の高笑いをする。

 黒幕は所長ってのは少し前から分かったけど・・・ 彼はいったい何がしたかったのか良く分からんままに終わってしもたな・・・

 きっとレベッカも例の血を輸血されて蘇る予定だったんじゃないのかなー。 あーあ、死んだままで終わっちゃった>< とっても残念!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。