映画と海外ドラマ等感想

メンタリスト S3
S3#6
ヒーローズのピーターのママ登場! このお人も目力がある~!
S3#6


以下激しいネタバレ


ウィリアム判事の母93才リシェルの葬儀の日、判事の娘、アビーの恋人オースティンが刺殺されているのが発見された。アビーも行方知れずだ。

 周囲は厳しい警備が敷かれ、警備主任のマーカスは胸を張って誰の出入りもなかったと断言する。
 (横柄な態度のマーカスに、ジェーン、意地悪を仕掛ける笑)

 アビーは問題児で、薬に手を染めていたらしい。容疑はアビーに向けられるが、姉ソフィアはアビーではないと言いはる。

 ウィリアム判事は、自分の取り扱った裁判の逆恨みで、刑務所にいるネオナチ、レイモンド・タップスが手下にやらせたのだと言うものの、屋敷の警備は本当に厳重であった。

 それを証明する為に、ジェーンは屋敷からペルシャ絨毯を盗んで捕まる(笑)

 一応刑務所でタップスの言い分をチョウが尋問するものの、ハワード・ドレスラーという部下には覚えがない。
 ただ、アビーには薬を分け与えていただけだという。

 ジェーンはリシェルの遺体が入っているはずの棺に、アビーの死体が隠されていると言い、葬式まで中断させるものの、中にはリシェルの遺体があるだけであった。

 ハイタワーに叱られるジェーンだが、次こそは間違えないとして、彼はリシェルの主治医だったドクターを引っ掛ける。

 主治医が観念して自供する。アビーはリシェルの死に落ち込み、薬に手を出していた。それに金目当てで目をつけた主治医は、アビーが薬の拒絶反応で死亡したのを隠すため、オースティンまで殺害していたのだった。

 リグスビー、ヴァンペルトがプレゼントされたネックレス誉められてえらいじゃん(笑)
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.