映画と海外ドラマ等感想

アルカトラズ
#6
セングプタ博士の秘密が・・・今さら分かった自分>< 遅いって。
#6



 以下激しいネタバレ


 若い頃のハウザーさんは、船酔いもしていたもよう。セングプタ博士にミントの飴を貰う♪

 彼女や所長等がわざわざ出迎えたのは、若い青年。パクストン・ペティ。元軍人の地雷魔。
 彼が仕掛けた場所を吐かせる為に、ボーレガード博士は拷問をする。
 氷水に入れての拷問。だが、本人は吐かない。

 今度はセングプタ博士の番。
 暖かな毛布と紅茶を用意。ミントの飴を置いておくけど、それはひっかけで、クスリは紅茶に混入していた。
 鎮静剤。さらに電気でビリビリやって、催眠状態に陥らせていき、質問をすると・・・

 パクストンは朝鮮の子守唄を歌い始めた。
 その歌詞の中に、自分が地雷を埋めた場所のヒントが隠されているのだ。その解明に助力したのは、またマドセン。

 現実に蘇ったパクストンは、昔のように公園に地雷を仕掛け、多くの人を負傷させた。

 レベッカは、彼の姿をどこかで見た覚えがあった。ソトの記憶でパクストンの名と写真が上がると、すぐに追跡する。だが、逃亡したパクストンは、地雷を投げて爆発させ、逃げ切った。

 爆弾処理班のタナーが活躍。+新しく出てきたオタクTシャツ着てる検視官のニッキー。ちょっとここら辺は2番煎じっぽくなってきてるぞ? ソトが興味を示す。

 地雷の仕掛けの中にあったのは、軍の銀星章の偽物だった。彼は軍内で地雷撤去のエキスパートだったが、勲章をもらう事はなかった。その報復らしい。

 彼はプレシディオの英雄の墓から蘇り、そこに隠されてあった地雷を使ったようだ。

 このように、今までの犯人達も、黒幕に解凍され、武器を与えられ、目的を示唆されているらしい。その黒幕とはいったい誰なのかっ?! マドセン意外にもいるのかな?

 過去も今もパクストンが地雷を埋めた場所を捜査しているハウザー。
 地雷に塗られている色から、サンセットビーチに向かい、レベッカ達にはウィンドワード小学校に向かわせ、待機させた。

 ハウザー、なんで1人でやろうとしたのかな? 自分が失敗した時用に次に向かうだろう場所にレベッカを配置しておいた? 地雷を踏んじゃわなければ、あそこでパクストンを殺すつもりだった? 

 ずっと1人で立ちんぼしてたハウザーさんがちょっと哀愁漂ってただろうから笑える。ビーチだしね(笑)
 ビーチで地雷を踏む場面は、CSIマイアミのトリップさんもあったな(笑)

 ハウザーの場所を探り当てたレベッカは、タイラーと彼を助けに入るものの・・・ ハウザーは助けられたけど、タイラーが死亡してしまう。

 ハウザーはパクストンの足を撃ち、刑務所に入れる。
 
 今回のことで、本当に消えた本人達はトリップしてきた事に自覚がない。彼等もその理由と方法を知りたがっているのが明らかになった。

 ハウザーは、とうとうルーシーの延命装置を切ってしまう。諦めるのかと思ったけど・・・ボーレガード博士の元に連れていく。「彼女の方式を治せ」 って治せるのっ?!

  

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.