映画と海外ドラマ等感想

NCIS S8
S8#23&#24
ポートキラーが佳境に! デクスターみたいな描写が新鮮だったけど、哀しい><;
S8#23&#24



 以下激しいネタバレ



 #23の冒頭からいきなりギブスがおかしい。そばにはマイクさん。既に事は起きてしまったようで、ギブスの記憶を遡る形式て語られる。

 どう考えてもマイクさんは記憶の中だけの存在っぽい。(デクスターのハリー父ちゃんみたい)

 またもポートキラーの犯行らしい死体が発見されるが、これは無残なもの。20日も前に殺されていたスタークは、虫に喰われてしまっている。ダッキー「人間も動物だ」確かに。

 スタークの身分証を盗んだポートキラーは、何故かNCISに潜入していた事が分かる。ギブスが老眼鏡を置いた場所が変わっていたのは、彼が彼等のオフィスを詮索していたからだった。

 彼の目的はいったい?! 殺すつもりならいつでも出来たはず。なぜ見逃したのか?

 そしてここでとうとう目玉の主が判明する。眼帯をしたコルト登場!! 何ってこった。コルトにしてもなんで一気に殺さなかったのかな・・・ 目玉取るなんて面倒なことよくぞ・・・

 CIA主体の極秘任務「フランケンシュタイン作戦」が原因らしい。海軍も関与していた。そこでモンスターに仕上げられたジョナス・コッブ大尉が、今回のポートキラーの犯人だった。
 彼は正義の為と激しい訓練に堪えたが、その結果暗殺者に仕立て上げられた事に恨みを抱いているらしい。

 その標的は、海軍長官に向けられている。彼にとって昇進は憎むべきもの。ギブスもその発想が似ていたから、見逃された?

 マイクさんを呼び寄せるギブス。彼は肺の病気を患っているらしい。デッカーの証書はギブスに託された。

 マイクはジョナスに喧嘩を売り、殺されてしまう。

 次の標的は、バレット達。ジョナスに呼び出された3人は窮地に陥る!!


 そして#24

  バレットはさらわれ、レヴィンは殺された。ケイドは重症。バレットは首に筋を入れられただけで、殺されはしなかった。彼女は本当の標的へのメッセージ。

 バレットは長官の姪か。コネで上がってきたんじゃないと主張する本人だけど。

 再び登場CIレイ。彼も今回の事に関与している事から、ジョナスが狙う?! ジヴァが心配して彼のホテルの部屋に向かうと・・・そこにはジョナスが。ジヴァはさらわれてしまう。
 だが、その後捜索に向かったギブス達の前に、ジョナス自身が現れ、彼はおとなしくNCISに捕えられる。

 だが、ジヴァは囮であり、NCISを手薄にする作戦だった。(サルのおもちゃとか何の意味があんのかな)

 たまたまエレベーターで一緒になったパーマー君が人質になり、バレット共々再びジョナスにさらわれてしまう。
 (いつも思うけど・・・NCISって結構手薄だよなー・・・汗)
 (そしてパーマー君は眼鏡を取ると男前過ぎて誰だかわからん笑)

 コルト、バレット、パーマー君に、自分が受けた訓練を疑似体験をさせるジョナス。そして長官を呼び出し、復讐を遂げようとするが・・・ ギブス達に射殺される。

 バレットはNCISは辞めるらしい。トニーにロタは譲ると言って去る。

 そしてマイクさんのお葬式。以前からギブスが何を地下で彫ってるのかと思ったら・・・マイクさんの棺の装飾だった。彼は遺書をギブスに遺していたのだ。

 
 そしてポートアイランド犯人が終わり告げ、CIレイは再び別任務で異国へ。ジヴァには婚約の予約って感じ。

 新しい長官が就任し、その人物が何故かトニーを指名。彼に極秘任務をさせるという。NCISに、情報を流しているものがいるという。その犯人を極秘に調査しろとの事だった。

 (まさか・・・あの件がまだ引きずられてるっ?! でも姉死んだし、弟逮捕されたし・・・違うよね。じゃあ・・・何んだ? どきどき・・・)


  

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.